MENU

News Ticker

アニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」アジアプレミアがシンガポールで開催

シンガポールで開催された「C3 AFA SINGAPORE 2017」にて11月25日、2018年1月に放送がスタートするアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」のブース展示、そしてアジアプレミア上映とトークイベントが行われた。

 

これまでアメリカ(ロサンゼルス)、ドイツ、京都で行われてきた同作のワールドプレミアは、今回のシンガポールでの開催がラスト。そのアジアプレミア上映とトークイベントには1000人を超える観客が集まり、立ち見も出るほどの会場は熱気に包まれた。

 

イベントが始まり、シリーズ演出の藤田春香、キャラクターデザインの高瀬亜貴子、ヴァイオレット・エヴァーガーデン役の石川由依、オープニングテーマシンガーのTRUE、エリカ・ブラウン役とエンディングテーマシンガーを務める茅原実里、ヴァイオレット・エヴァーガーデンのコスプレイヤー・Angieの6名が登壇し、拍手で迎えられた。
上映に先駆けて石川から「この作品は、国や文化が違ってもたくさんの人の心に響く作品だと思います。こんなに大きなスクリーンで観られる機会はなかなかないので、ぜひ素晴らしい作画と音楽と、物語を堪能して帰ってください」と挨拶があり、待望の上映がスタートした。

 

そして上映が終わると、観客からはひと際大きな拍手と歓声が贈られ、再び6人のゲストが登壇。それぞれ今の心境や本作の見どころについて語った。
キャラクターデザインや作画で意識しているところを訊かれた高瀬は「世界観とキャラクターをなじませるために光の方向を意識して描きました。光の方向と反対に照り返しを入れています」と作画のポイントを明かした。

 

続いて行われたライブセッションでは、TRUEが登場すると割れんばかりの歓声が沸き上がった。TRUEはオープニングテーマ「Sincerely」を熱唱し、その歌声に会場もペンライトの青い光で応える。さらに、茅原が登場しエンディングテーマ「みちしるべ」を優しく丁寧に歌い上げ、観客を魅了した。
ライブのあとはフォトセッションが行われ、会場のファンたちと一緒にゲストたちが写真やムービーを撮影して大いに盛り上がった。

 

最後に、藤田がゲストを代表して「『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のワールドツアーも、ここシンガポールが最後になります。みなさまに第1話をお届けすることができて本当に嬉しいです。シンガポールでは2018年1月からNetflixで配信が予定されています。みなさまのご期待に添えられるように、心を込めて作っておりますので、よろしくお願いいたします。本日はありがとうございました!」と挨拶。同作のワールドツアーのラストを締めくくった。

 

アニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は、いよいよ年明け1月よりABC朝日放送ほかで放送開始、そしてNetflixにて世界配信される。

 

 

 

■予告編映像
第3弾PV

 

■オンエア情報
アニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」

 

■関連サイト
アニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」公式サイト
http://violet-evergarden.jp
アニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」公式Twitter
http://twitter.com/Violet_Letter

 

(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP