MENU

News Ticker

映画「PARKS パークス」第9回TAMA映画賞で新進監督賞受賞。キャストインタビューも到着

現在ブルーレイ・DVDも発売中の音楽青春映画「PARKS パークス」が、11月18日に開催された第9回TAMA映画賞にて最優秀新進監督賞(瀬田なつき監督)を獲得した。

 

同作は、橋本愛、永野芽郁、染谷将太ら人気若手俳優が共演し、井の頭公園100周年記念として企画製作された映画で、50年前に作られた一つの曲が引き金となり、1960年代の恋人たちの記憶が2017年の吉祥寺に生きる若者たちの夢と冒険に繋がっていく青春ストーリーだ。
瀬田監督は2011年に「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」で長編映画デビューした新世代の旗手。映画だけでなくミュージックビデオやCMにおいてもみずみずしい感性を発揮している。

 

11月15日より発売中のブルーレイ・DVDには、瀬田監督やキャストの橋本愛、永野芽郁が参加したコメンタリーも副音声として収録。今回、収録時に3人が本作について語ったインタビューも到着している。

 


 

【瀬田なつき監督 インタビュー】

――コメンタリー収録でお話している中でも「発見」の多い映画だったようですが。
瀬田 設定や物語もですが、画面のいろんなところに、細かな仕掛けといいますか狙いが多い映画なので、どこまで気づいてもらえるのかと思いながら作っていました。物語や、メインの3人のキャストの表情ややりとりを追いかけていくうちに見過ごされてしまったりする部分もあると思いますので、何度か見ていただくとその度に発見の多い映画だと思います。

――物語や、永野さん演じたハルの設定に関して、キャストもわからないまま演じていたとのことですが。
瀬田 井の頭公園の100周年という企画の始まりがありました。そこから時間をテーマにして、時間軸を取り込みたい、と思いました。2017年の現在を主軸にしながら、過去を取り込むこと、実際のリアルな井の頭の100年を取り込む難しさを考えた時に、「想像した過去」や「フィクションの中の過去」をあえて物語の中で作ってみよう、その過去だったら物語の中に入れられるのではないか、と思いました。それをどう映画として表現するか考えた時に、ハルというふらっとやって来た人物が、「過去らしきもの」と現在を行き来する、そこでは現在と過去、そしてもしかしたら未来みたいなものがあわさった空間のようなものを、映画の中で表すことが出来ないか、ということですね。見ている人も、今どこにいるんだろうというような中で見てもらえると面白いのではないでしょうか。

――ブルーレイ・DVDでこれからご覧になる方にコメントをお願いします。
瀬田 キャストの表情ややりとり、これは細かく始めからこちらで指定したものではなく、キャストが吉祥寺の場所や空間のなかで生んだものなので、撮影した後、編集していても、ああこんな表情や動きをするんだ、と新鮮で楽しかった部分がたくさんありました。そういったところは細かく、何度見ても楽しんでいただけると思います。
また音楽が物語のテーマとなっているんですが、トクマルシューゴさんに脚本の段階から音楽を担当していただいて、たくさんの曲やミュージシャンに参加してもらっています。どれも個性的で魅力的な音楽ですので、大きなボリュームで見ていただけると、音楽でさらにいろいろな楽しさを感じ取っていただけると思います。

 

【橋本愛 インタビュー】

――コメンタリー収録はいかがでしたか?

橋本 コメンタリーは初めての体験でした。楽しかったです。この映画をかなり気に入ってくださった方や、いつも応援してくださる方とか、ちょっと限られた方が聞いてくれるのではないかと思いますが、そういったところだと少し自由になれるような部分もありまして、あんまり気にしないで好き勝手にしゃべれるような(笑)、そういった機会はそういつもあるわけではないので、リラックス出来て話すことが出来てとても楽しかったです。

――この映画の魅力、好きなところは?

橋本 映画の大きさとか小ささとかに関わりなく、演じていて好きな映画があります。この映画もそうでした。それは「雑味(ざつみ)」がある、というのでしょうか。明確にクリーンでは無いような、ちょっと粗かったり、雑味があるような。あれ、この辺あんまり掃除されてないな、っていった部分があるような映画、そういったところに魅力を感じたり好きになったりすることが多いかもしれません。この映画はまさにその「粗さ」が私はとても好きですし、魅力だと感じていただけると嬉しいです。

――ブルーレイ・DVDでこれからご覧になる方にコメントをお願いします。

橋本 この映画には、映画の先だとか、前だとか、見えていない部分、ハッキリとは分からない部分、余白を残している部分があるんです。私も演じながら、そういった物語の余白に関しては監督にはっきりと質問をしていないんです。解釈の余地がある余白が、私はとても好きです。

 

【永野芽郁 インタビュー】

――コメンタリー収録はいかがでしたか?

永野 映画を見ながらお話すると、映画に見入っちゃって、ワイワイ話しながら見ているとあっという間に時間が過ぎていってしまいました。皆さんとお話することで、私のいなかった現場で起きていたことなどが知れてよかったです。

――本作について思ったことや、周りから言われたことはありますか?

永野 吉祥寺の街を舞台にして、映像がとても綺麗だなと感じました。同じような感想を周りから言っていただくことも多かったです。
あと、私が演じたハルは実在しているの?って訊かれますね。どういう娘なのって。それは私自身も、はっきりと分からないまま、実在しているのかな、どういう人間なんだろうって、さぐりさぐりやっていました。監督にはあんまりはっきりと訊かないままに、そこはファンタジーでいいのかなって思いもありました。自分自身がハルをつかみすぎてしまっても、ハルが普通にそのまま実在しているって出てしまうような気がして。これはわからないままでやってもいいのかなって、感じたりもして。
人によっても感じ方が違うだろうし、見るたびにまた違った見方ができますよね。私自身でもそうですから。

――ブルーレイ・DVDでこれからご覧になる方にコメントをお願いします。

永野 家族とか友達と見て欲しい気もしますけど、ひとりだけでじっと「PARKS パークス」と向かい合って見ていただけたら、色んな感じ方が出来ると思いますので、ゆっくりとじっくりとご覧いただきたいです。

 

 

■リリース情報
「PARKS パークス」
2017年11月15日発売 ※DVDレンタル同時リリース
●ブルーレイ
PCXE-50785 ¥4,800+税
●DVD
PCBE-55768 ¥3,800+税

 

(C) 2017本田プロモーションBAUS

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP