MENU

News Ticker

sébuhiroko、THE NOVEMBERS迎え企画ライブ第2弾開催!11月に阿部芙蓉美と第3弾も


シンガーソングライター兼映画音楽作曲家・sébuhiroko(世武裕子)による企画ライブ「Her Majesty’s Secret Night : Part Ⅱ」が8月30日、東京・新代田 LIVE HOUSE FEVERにて開催された。ゲストにはTHE NOVEMBERSを迎え、sébuhirokoはメタ地獄 ( with 村田シゲ、BOBO、常田大希 )バンドで出演をした。

 

青と黄の光に照らされるステージにsébuhirokoが現れると、4つ打ちのシンセドラムとループ音が流れる。呟くようにsébuhiroko(以下séb)が歌うフランス語に、BOBOのタイトなドラム、村田シゲ(口ロロ)のベース、常田大希(King Gnu)によるギターも加わり披露されたのは、新曲「LARA」。アンニュイな雰囲気のまま「April 11」「Too Far」と最新アルバムからの楽曲を続けて演奏し、“メタ地獄トリオ” として息の合ったプレイを今まで披露してきた3人に加え、sébのピアノに絡む常田大希のギターがより躍動感を与える。

 

一転、暗くなったステージにプロジェクターから映像が映し出され、新曲「JAKIE ONASSIS」「John Doe」「Lost Highway」と続けて、演奏と映像のコラボレーションで魅せる。力強く重いドラムで始まる「John Doe」、ギターの音も効果的に加わった「Lost Highway」など、畳み掛けるような演奏に合わせたVJのPeter John Bettyによる映像も色を添え、会場は幻想的な雰囲気に包まれる。
また、アルバム「L/GB」ではCrypt Cityを迎えて収録された「Night Walk」をこの日は、対バンのTHE NOVEMBERSより小林祐介をボーカル&ギターに迎えて披露。MCでは、「(自分が)かっこいいと思う人とだけ(一緒に)やる」というsébの言葉どおり、重く、速くを繰り返すリズムの変化も縦横無尽に行き来するBOBOのストイックなドラムに、小林のシャウト、気だるく歌うsébの声が合わさり、ライブならではのブレイクのタメはもちろん、この5人だからこその演奏で圧倒させる。

 

本編最後は、“メタ地獄トリオ” による「TRIPLE PLAY」。紅い光に照らされるステージから響く、超絶技巧のピアノソロ。観客がsébのピアノにじっと聴き入る中、BOBOのドラムが加わり、村田シゲのベースも絡み、音を重ね進むごとに、戯れるように演奏する3人。圧巻の迫力と技術、そして息の合ったチームワークを見せつける演奏で、約1時間のセットを終えた。

 

なお、sébuhiroko企画のライブ第3弾は、阿部芙蓉美を迎え11月10日に同じく新代田Feverでの開催が決定している。

 


 

 

 

■ライブ情報
「sébuhiroko presents のあーるのあーる」

 

■リリース情報
sébuhiroko 2nd album 「L/GB」
発売中
sebu_lgb_cover_fix
PCCA.04454 ¥2,315+税
<収録曲>

 

■関連サイト
sébuhiroko official HP
http://sebuhiroko.com

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP