MENU

News Ticker

伊岡瞬原作 小栗旬主演、ドラマ「代償」DVD-BOX化・11月リリース

(C)HJホールディングス

20万部を突破した伊岡瞬原作のクライムサスペンス小説を、小栗旬の主演で全6話でドラマ化した「代償」がDVD-BOX化され、2017年11月29日に発売されることが決定した。

 

本作の主人公、弁護士・奥山圭輔は少年時代、遠縁の “友人” 安藤達也の底知れぬ悪意によって、家族や大切な人たちの命を次々と奪われ、自身もまた人格崩壊寸前に至るような凄惨な環境を強いられた。そんな壮絶な過去によって強迫性障害を患った上に、今度は達也の弁護を担当するはめに。弁護士として彼を救うのか、それとも・・・。
これまで実験的な作品にも果敢に挑戦し、さまざまな役を演じてきた小栗旬が本作では “精神の限界まで追い詰められた弱々しい男” というさらなる新境地を開拓。正義と悪の間で揺れに揺れ、追い詰められていくというかつてない役どころに、並々ならぬ意欲をたぎらせて臨んでいる。
その小栗演ずる主人公を陥れるサイコパスの天才的教唆犯・達也役は、映画「クローズZERO」や大河ドラマ「天地人」でも高い評価を得た高橋努が務め、まさに ”怪演” を披露。また、圭輔の婚約者であり事件に巻き込まれていくヒロインを成長著しい高梨臨が熱演している。

 

発売が決定したDVD-BOXは全6話を3ディスクに収録し、特典映像としてメイキング映像が収録される予定。またアウターケース付き、リーフレット封入という仕様になっている。

 

 

(C)HJホールディングス

 

■リリース情報
「代償」DVD-BOX
2017年11月29日発売
PCBE.63698 ¥11,400+税

 

(C)HJホールディングス

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP