MENU

News Ticker

映画「幼な子われらに生まれ」第41回モントリオール世界映画祭審査員特別賞を受賞

ⓒ2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会

現在、東京・テアトル新宿ほか全国の劇場で上映中の映画「幼な子われらに生まれ」が、第41回モントリオール世界映画祭にて審査員特別賞を受賞した。

 

本作は、直木賞作家・重松清による1996年発表の​傑作小説を、「しあわせのパン」「繕い裁つ人」の三島有紀子監督によって映画化された​​​話題作。浅野忠信、田中麗奈、宮藤官九郎、寺島しのぶという豪華キャストの共演も実現している。
本年度のモントリオール映画祭では9月1日と3日に上映され、最高の動員数を記録。「心に響いた」「泣いた」「私も同じような経験をした」など審査員だけでなく多くの観客からも反響を呼び、同映画祭のコンペティション部門にてグランプリに次ぐ「審査員特別賞」に輝いた。

 

今回の受賞に際し、三島監督からコメントも到着している。

 


 

【三島有紀子監督 コメント】
モントリオール世界映画祭の審査員特別賞をいただけて、海外のみなさまにも伝わったんだなあと、とても嬉しくて、とてもありがたくて、この喜びを、関わってくださったみんなで分かち合いたいです。スタッフ、キャストのみさなま、おめでとうございます。そして、この世に生きるすべての『DEAR ETRANGER』(英題)=親愛なる異質な人へ・・・ありがとうございます。

 

 

 

■劇場情報
「幼な子われらに生まれ」
テアトル新宿・シネスイッチ銀座ほか、全国公開中

 

■関連サイト
映画『幼な子われらに生まれ』公式サイト
http://osanago-movie.com

 

ⓒ2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP