MENU

News Ticker

三森すずこ、”Tropical Paradise”幕張公演開催!オフィシャルレポート

声優、アーティストとして活躍する三森すずこが、この9月2日・3日の2日間、千葉・幕張メッセイベントホールにてワンマンライブ「Mimori Suzuko Live 2017 “Tropical Paradise”」を開催した。

 

7月の大阪に続いて行われた今回のライブイベントでは、季節は “夏” ということで、海、そして人魚をテーマにストーリーが展開。ステージ上に設置された貝から、人魚に扮した三森が姿を現すと会場に詰めかけたミモリアンから大きな歓声が沸き上がる。

 

オープニングナンバーは「ドキドキトキドキトキメキス♡」。特徴的なダンスとエレクトリカルなサウンドに、会場のテンションも一気が上がる。今回のライブは生バンドによる演奏に、多数のダンサーを交えた豪華なステージ。“人魚のみもりんが人間になって人間界のパーティーに参加する・・・・”。そんなストーリーを軸に、華やかなダンスと三森のボーカルがミュージカルのように入り交じりながら、ステージを盛り上げていく。

 

深海から人間界への移動を表現するギミックとしてトロッコを使用。そして、会場中央に設置されたサブステージにて、焚き上げられたスモークの中で衣装チェンジを行った三森は、観客とのコール&レスポンスによって、人間になった喜びを会場全体と分かち合う。なおトロッコは、サブステージへの移動のためにアリーナを巡っただけではなく、ライブ後半には2階の通路も巡行。会場の一体感を高める驚きの演出に会場のボルテージは最高潮に達した。

 

また、10月11日にリリースされる8thシングルのカップリング曲となる「Colorful Girl」を披露する際は、「MIMORIN BLADE」(ペンライト)を使って客席とコミュニケーション。三森の声にあわせて、ペンライトの色を順番に変えていくことで、楽曲のタイトルにふさわしいカラフルな空間が作り出された。

 

「スマイリウム」で華やかなパーティのフィナーレを迎えたあと、アンコールのステージでは、8thシングルの表題曲で、10月からスタートする「結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-」のオープニングテーマとなる「エガオノキミヘ」を披露。ラストの「約束してよ?一緒だよ!」まで全24曲を一気に駆け抜けた三森だが、2日目となる3日のステージでは、Wアンコールとして、さらに「ちいさな手と観覧車」を熱唱。熱い “夏” を締めくくる2日間のライブイベントは、最後まで熱い盛り上がりの中、幕を閉じた。

 

 

 

■リリース情報
三森すずこ「エガオノキミヘ」
作詞:中村彼方 作曲:蔦谷好位置 編曲:野間康介
2017年10月11日発売

初回限定盤

通常盤

●初回限定盤 (CD+DVD)
PCCG.01623 ¥1,750+税
●通常盤 (CD Only)
PCCG.70406 ¥1,250+税

 

■イベント情報
三森すずこ8th SG発売記念イベント「Jingle Child Mov.8」

 

■試聴動画

三森すずこ 8th Single「エガオノキミヘ」試聴ver.

三森すずこ「Colorful Girl」試聴 ver.(8thシングル カップリング)

 

■関連サイト
三森すずこ 公式HP
http://mimorin.com/
三森すずこ 公式Twitter:
https://twitter.com/mimori_suzuko
三森すずこ スタッフTwitter
https://twitter.com/mimorincom
三森すずこ LINEBLOG
https://lineblog.me/mimori_suzuko/

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP