MENU

News Ticker

GLAY・TERU、福島県復興支援サッカーに出場。「アカリトライブ」で名曲披露も

GLAYのTERUが8月27日、福島・あづま総合運動公園内で同時開催されたサッカーエキシビジョンマッチ「福島復興支援エキシビジョンマッチ2017」と「ふくしまアカリトライブ2017」に出演した。

 

この日、エキシビジョンマッチのピッチにはキックオフに向け、ウォーミングアップを行う日本のサッカー界を代表するレジェンドたちが勢揃い。ウォーミングアップを行う前のTERUは「緊張するな・・・」と一言漏らす場面も。それもその筈で、大勢の観客や同じチームでプレーする面々が日本を背負ってきた名プレイヤーたちとなれば無理もない。

 

そして、ウォーミングアップを終え、ついに選手入場。TERUの名前が呼ばれるとスタジアムからは大歓声が起きた。
前半からスターティングメンバーとして出場したTERUは、福島県選抜の高校生から2点を取るなど大活躍を見せ、後半からも途中出場するなど、アグレッシブなプレーを見せた。

過去3回行われたこの大会で、アーティストが1試合に2点を入れたのは初ということもあり、周りの選手たちからも「持ってますね!」などと声を掛けられていた。

 

そして、18時からは「アカリトライブ」がスタート。同イベントを自ら中心となって2011年より続けているGAKU-MCに加え、HAN-KUN、そしてTERUが出演した。

 

最初に、GAKU-MCがライブを行ってステージを盛り上げ、次にはHAN-KUNによるライブでさらに大盛況に。そして、TERUの出番になるとGAKU-MCとサポートメンバーによるステージが始り、1曲目には先月リリースしたアルバム「SUMMERDELICS」から「the other end of the globe」で観客の心をしっかり掴みつつ、会場を盛り上げた。
TERUの2曲目には、GLAYの代表曲の一つ「HOWEVER」の前奏が流れると会場からは悲鳴にも似た歓声が上がり、また最後の歌詞では「やわらかな風が吹く 福島で」と福島を歌詞に入れたTERUの遊び心に会場は魅了された。

ラストナンバーには「疾走れ!ミライ」を演奏し、間奏ではGAKU-MCのオリジナルのラップパートが入ったこの日だけの特別バージョンを披露し、TERUはステージを後にした。

 

最後にGAKU-MCのライブパートが再度行われ、アンコールではアーティスト全員揃って「希望のアカリ」を披露し、2017年のアカリトライブは幕を閉じた。
TERUは「またこういったイベントに参加して復興支援を続けて行きたいと」と語っていた。

 

 

■リリース情報
「BELOVED Anthology」
2017年9月20日発売

PCCN-90004 ¥6,481+税
<収録内容>

 

■リリース情報
GLAY ニューアルバム「SUMMERDELICS」
2017年7月12日発売

 

G-DIRECT限定Special Edition

●CD only盤
PCCN-00028ASIN: B072FKK8TZ ¥3,000+税
●CD+2DVD盤
PCCN-00027ASIN: B072LQX6Y6 ¥5,000+税
●5CD+3Blu-ray+グッズ盤 (G-DIRECT限定Special Edition)
LSGC‐0002 ≫G-DIRECT ¥¥22,963+税
<収録内容>

 

■ライブ情報

 

■関連サイト
GLAYオフィシャルサイト
http://www.glay.co.jp

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP