MENU

News Ticker

「TRY FOR POINT vol.1」でEVO+が初ライブ披露!配信シングル「彼女」も発表


EVO+、Da-little、如何様詐欺師は夜うごく、ライブペイントに雪子が出演するストリーミング配信限定ライブ「TRY FOR POINT vol.1」が8月20日、ニコニコ生放送にて開催された。

 

同ライブは、ネット発のアーティストによる音楽レーベル・HUDDLE MUSICの設立1周年を記念して行われたもので、EVO+にとっては初となるライブパフォーマンス。
この日、配信開始より登場したのは4人編成のバンド「如何様詐欺師は夜うごく」。ボーカル・におが「HUDDLE MUSIC設立1周年おめでとうございます。素敵な夜にしましょう!」とMCで盛り上げ、「常しえの夜」「エピローグ」など5曲を演奏してトップバッターを飾った。

 

次に登場したのは、HUDDLE MUSICにも所属しているDa-little。引き続きバックバンドとして残る如何様詐欺師は夜うごくを従えて、1曲目に「longing」を歌唱し、伸びのあるロングトーンを惜しみなく披露した。続けて、作曲を担当したにおのピアノ伴奏で「Tómur」を歌唱し、バラードを見事に歌い上げた。MCを挟んで「イマジネイション」や、アコースティックギターの伴奏で「Rainy,rainy,rainy」など、落ち着いたテンポの選曲で生放送視聴者たちを魅了。そして、「コールドハンド」「or to」の1st アルバムに収録されているクールな二曲でEVO+へとバトンを渡した。

 

トリを飾るべく登場したEVO+は、におの伴奏による「帰り道」で自身初のライブをスタート。その姿は画面に一切映らないものの、高いボーカルパフォーマンスを披露し、コメント欄には待望の初ライブへの歓喜の声が並んだ。「無限ノスタルジー」「余所事」などバンドサウンドのクールな曲を続けた後、「きっとみんなの大好きな曲です」と紹介すると自身のヒットカバー楽曲「エンゼルフィッシュ」をアコースティックで演奏。最後には、海外のファンに向けて英語で感謝を述べ、「接合招待」でライブはフィナーレを迎えた。

 

本編ラストに、におが作詞・作曲を手掛けるEVO+の配信シングル「彼女」が10月25日にリリースされることも発表。来場者は1万人を超え、Twitterトレンドにランクインするなど大盛り上がりを見せる中、この日のライブは終了した。

 

 

 

■配信情報
配信シングル EVO+「彼女」
作詞・作曲:にお
10月25日配信リリース

 

■関連サイト
HUDDLE MUSIC公式HP
http://huddlemusic.jp/ 

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP