MENU

News Ticker

木根尚登 還暦記念舞台の最終追加キャストに彦摩呂!アフタートーク&抽選会も

木根尚登のソロ活動25周年と還暦を記念し、8月10日から同13日まで東京・銀座博品館劇場にて開催される舞台公演「何はともあれ、 聴いてください!」に関し、その気になる追加キャストが発表された。

 

今回最後の追加発表となるキャストは、タレント・グルメリポーターとして有名な彦摩呂。舞台では人情味あふれるライブハウス店長役を演じることになる。

 

同舞台は、木根が演じる自称25歳の “おじさんギタリスト” が、解散の危機に瀕した売れないバンド「Y-K-K」のサポートメンバーとして参加するという、笑いあり、涙ありの“ハートフルバンドコメディ”。

バンドのドラムには「ボキャブラ天国」で人気を博したX-GUNの西尾季隆、ヴォーカルにはエロ詩吟で一世を風靡して現在はロケバス運転手をしている天津木村、ベースには舞台「弱虫ペダル」「ハイスクール奇面組」やミュージカル「刀剣乱舞」「SHOW BY ROCK!!」で活躍中の鳥越裕貴が扮する。

また、ライバルバンド「ザ・ポイズンポセイドンセカンドアンドデッドオブワールドユナイテッド」のギターヴォーカル役に才川コージ、そのメンバー役にはオーディションを勝ち抜いた田川聖也が抜擢された。

 

今回あわせて、一部公演にて公演後にキャスト全員が登壇するアフタートークが開催されることも発表された。このアフタートーク内では、キャスト全員による直筆サインの入ったグッズが当たるプレゼント抽選会も開催されるとのこと。公演を終えたキャストの新鮮な話を聞くことができる貴重な機会となるため、ファンなら必見だろう。
チケットは発売中のため、公式サイトなどでチェックしてほしい。

 

 

■公演情報
舞台「何はともあれ、聴いてください!」
オフィシャルサイト:http://nanitomo-listen.com/

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP