MENU

News Ticker

「冬の小鳥」のウニ ー・ルコント監督、6年ぶり最新作「めぐりあう日」BD&DVD化

©2015 – GLORIA FILMS – PICTANOVO

2010年に「冬の小鳥」で鮮烈な長編監督デビューを飾ったウニー・ルコント監督が6年の沈黙を破って放つ最新作「めぐりあう日」が、ブルーレイとDVDで2017年8月2日に発売されることが決定した。

 

本作は、監督自身の人生を重ねつつ、フランスを舞台に母と生き別れた娘が30年の歳月を経て再びめぐり会うまでの日々を繊細に描く感動ドラマ。偶然のできごとをきっかけに、見えない糸に手繰り寄せられるように近づく母娘だが、血のつながりの深さに胸を締め付けられるも、それぞれの新しい人生を予感させるラストシーンが心に残るストーリーだ。

 

主役のエリザを演じるのは、「灼熱の肌」や「君と歩く世界」などで躍進目覚ましい実力派女優、セリーヌ・サレット。実母アネットには、「マリー・アントワネットに別れをつげて」「さすらいの女神(ディーバ)たち」の名バイプレイヤー、アンヌ・ブノワが扮する。
また、撮影をカンヌ映画祭グランプリ受賞作「神々と男たち」でセザール賞撮影賞受賞し、そのほかにも「ハンナ・アーレント」や「チャップリンからの贈りもの」などで名を馳せるフランス屈指の女性撮影監督、カロリーヌ・シャンプティエが担当した。北の港街ダンケルクの街並みや、息子ノエが砂遊びする海岸、橋や運河などエリザやアネットの心象風景ともリンクする景観を美しく透明感にあふれた映像で捉えている。

 

ブルーレイ・DVD(セル版)には、特典映像としては予告編を収録し、封入特典として解説リーフレットが付属する予定だ。

 

 

©2015 – GLORIA FILMS – PICTANOV

 

■リリース情報
「めぐりあう日」
2017年8月2日発売 ※レンタル同時リリース

●ブルーレイ
PCXE.50774 ¥4,700+税
●DVD
PCBE.55718 ¥3,800+税

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP