MENU

News Ticker

GLAY、デビュー23周年。その記念日に”Supernova”ツアーが千秋楽

GLAYがデビュー記念日の5月25日に石川・金沢歌劇座で「GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2017 -Never Ending Supernova-」の追加公演を開催し、2年越しとなったロングツアーの千秋楽を迎えた。

 

GLAYは1994年5月25日にYOSHIKI(X JAPAN)プロデュースでシングル「RAIN」にてデビュー。その記念日にあたるこの日、参加したファンも祝いムードに。ベースのJIROも「今日は何か凄いことになりそう!」と語った通りに、会場は終始熱気に包まれた。

ライブは7月12日発売のニューアルバム「SUMMERDELICS」に収録される「the other end of the globe」からスタート。厳格な雰囲気のピアノSEから徐々に音が解放されていき、TERUの歌と共に楽曲へと突入。すぐに楽曲の持つ壮大さが会場を包み、ボルテージは最初から最高潮に達した。

 

その後もアルバム収録曲からは、会場全体がサビを三声に分かれてコーラスした疾走感ある「XYZ」、そしてJIRO作詞作曲でファンのことを歌ったハートフルナンバー「lifetime」を演奏した。ほかにも往年の名曲「BE WITH YOU」、「SOUL LOVE」、そしてGLAYが高校生時代に作った楽曲「CRAZY DANCE」を披露。ギターのHISASHIは「高校時代のCRAZY DANCEを今も同じ熱量で歌えるTERUはさすが」と語るほどに、この日のGLAYは凄まじいライブを繰り広げた。
最後は名曲「グロリアス」を会場全体で合唱し、ロングツアーとなった「Supernova」は幕を閉じた。

 

休むことなく音楽を届け続け、今年でデビュー23周年となったGLAY。ライブでも「常にファンを想い、そしてその想いは日々強くなる」と語る彼らだからこそ、23年間第一線を走り続けることができたといえるだろう。

そして、そんな彼らの待望の14thアルバム「SUMMERDELICS」では、メンバーそれぞれがコンポーザーを務め、今のGLAYとしての個性が爆発した内容となっており、その “進化” をより確かななものにさせている。

 

また、GLAYはライブを行った同日、全国CDショップにて、1日限定でニューアルバムの音源をストアプレイで解禁。いち早くアルバムを聴いたファンから驚きと興奮の声が多数SNSなどに寄せられた。
同日公開されたアルバムのジャケット写真は、普段滅多に見ることのできない太陽の周りに輝く ”虹色現象”「ハロ」を捉えるなど、今回のアルバムは「何か凄いことになりそう」な予感を感じさせる。

 

 

 

■リリース情報
GLAY ニューアルバム「SUMMERDELICS」
2017年7月12日発売

 

G-DIRECT限定Special Edition

●CD only盤
PCCN-00028ASIN: B072FKK8TZ ¥3,000+税
●CD+2DVD盤
PCCN-00027ASIN: B072LQX6Y6 ¥5,000+税
●5CD+3Blu-ray+グッズ盤 (G-DIRECT限定Special Edition)
LSGC‐0002 ≫G-DIRECT ¥¥22,963+税
<収録内容>

 

■ライブ情報
◆「GLAY ARENA TOUR 2017 “SUMMERDELICS”」
アリーナツアー特設サイト:http://glay.jp/summerdelics
<日程>

◆「Red Bull Air Race Chiba 2017 GLAYスペシャルライブ」
ライブ開催日:6月4日(日)
ライブ開催場所:大会会場(千葉県立幕張海浜公園)内特設ステージ
※詳細は後日http://rbar.jpで発表します。

 

■関連サイト
GLAYオフィシャルサイト
http://www.glay.co.jp

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP