MENU

News Ticker

歌姫 Joelle(ジョエル)、新作アルバムレコ発ライブ「Alstroemeria and I」開催

Sound Horizonなどで活躍し、2016年春より東京を拠点とした歌手活動を本格化したJoelleが、自身初となる東京でのオリジナルワンマンライブ「Alstroemeria and I」を、この5月21日に渋谷WWWで開催した。

 

同公演は、自身が全曲作詞を担当したニューアルバム「Alstroemeria」のリリースを記念したレコ発ライブ。「Alstroemeria」全6曲はもちろん、過去発表作のバンドアレンジバージョンやテレビゲーム・漫画・アニメなどで作品展開中の「アルトネリコ」シリーズで使用された楽曲までカバーして披露されるファンも期待のステージだ。

 

この日、会場の照明が落ちると、今回のライブサポートメンバーのベース長谷川淳から順にドラムの藤本健一、キーボード・ピアノ・シンセサイザーの河野啓三、ギターの佐藤健治が入場。新作「Alstroemeria」から本公演の始まりを告げるにふさわしいテンポチェンジが魅力的な「Pain」のイントロが流れる中で、鮮やかなミントグリーンの衣装に身を包んだJoelleがステージに現れた。

 

ライブ前半には、過去発表作からJoelleの地元・秋田の中学校新校舎竣工記念ソングとして作曲した「Believe〜僕らの未来〜」を始め、自身の母親へ向けて綴ったラブバラード「Beautiful」やピアノ伴奏のみで歌い上げた「Give Me Tomorrow」などを披露。彼女の持つ柔らかく包み込むような歌声で、観客を温かく優しい世界へと誘った。

 

 

ステージも中盤に差し掛かった頃にMCでメンバーを呼び込み、Joelle独特の話術で会場を笑いに包むシーンも。ここからヴァイオリンの門脇大輔も参加し、再び新作「Alstroemeria」から「Waiting For…」、「No Words」、「Fighting for Myself」を一気に歌い上げた。

 

また、「アルトネリコ」シリーズなどからカバーとして4曲を、MCで原曲を歌う霜月はるかや志方あきこらに感謝の意を表しながら、高らかに歌った。同シリーズは「ヒュムノス」と呼ばれる架空の言語により構築され、歌唱においては比較的難易度の高い楽曲が多いが、ライブではサポートメンバーの織りなす様々な音色や独自のアレンジ、そしてJoelle自身の幅広い表現力によって圧巻のステージへと昇華させた。

 

アンコールでは淡いピンクのドレスに衣装をチェンジし、2006年上映の「劇場版TRICK2」の主題歌「ラッキー・マリア」を歌唱。彼女は今年2017年でデビュー10周年となるが、デビュー作でラストを飾るかたちとなり、会場を大いに湧かせた。

 

Joelle自身が歌手活動の原点を胸に抱きながら、新たな挑戦を続けていくことを覚悟し、戦おうとする想いがつまった今回の「Alstroemeria and I」。彼女の力強く美しい歌声が観客を魅了し、充実のライブとなって終演した。

 

 

 

写真:洲脇理恵

 

 

■リリース情報
オリジナルアルバム「Alstroemeria」
発売中

SLTJ-0002 ¥1,980+税

 

ジャズカヴァーアルバム「Tataricus」
発売中

SLTJ-0001 ¥2,480+税

 

■プロフィール

 

■関連サイト
Joelle Official Web
http://joelle.jp
Joelle Official twitter
https://twitter.com/Joelle_official

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP