MENU

News Ticker

竜馬四重奏、和楽器でジャズに挑戦!?「インペリアル ジャズ 2017」出演へ

和楽器とヴァイオリンからなる異色ユニット・竜馬四重奏が、日本を代表するジャズミュージシャンらによる真夏のジャズイベント「インペリアル ジャズ 2017」に出演することが発表された。

 

同イベントは、日本のジャズ創成期からアーティストたちに舞台を提供してきた帝国ホテルで、2004年からコンサート形式の大型ジャズフェスティバルとして毎年8月に開催されており、大人向けの上質な真夏のエンターテインメントとして定評を得ている。
2017年は、“ジャズ” と呼ばれる音楽が初めてレコーディングされた1917年からちょうど100周年となる記念すべき年にあたり、創成期のディキシージャズから比較的新しいジャンルのスムースジャズまで多くのアーティストの競演で100年の歩みを一日で堪能できるプログラムが用意されるという。

 

主な出演者は、日本ルイ・アームストロング協会の会長を務めるディキシージャズの第一人者・外山喜雄、”日本のマエストロ” 前田憲男、世界的ジャズトランペッター・日野皓正、第一線で活躍し続ける女性ヴォーカリストの女王・阿川泰子(大阪公演のみ)、日本ジャズヴォーカル大賞を受賞したキャロル山崎、国内外で幅広く活躍するスムースジャズの第一人者・朝本千可など日本ジャズ界を牽引するアーティストから、女性ヴォーカリスト・Ema(エマ)とMERI(メリ)の共演、ピアニスト高木里代子(大阪公演のみ)など新進気鋭のアーティストまで、インペリアルジャズ初出演も含めた幅広いラインナップとなる。
竜馬四重奏は、その豪華絢爛な出演陣の一角として、ヴァイオリンと和楽器でジャズに挑む。

 

また、竜馬四重奏は今年2月に行われた「JAPAN EXPO THAILAND 2017」に続き、7月28日からマレーシアで初開催となる「JAPAN EXPO MALAYSIA 2017」への出演も決まった。国境もジャンルも超えたその活動に、注目度は増すばかりだ。

 

 

■ライブ情報
帝国ホテル「インペリアル ジャズ 2017」

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP