MENU

News Ticker

奥華子、「帰ってきました!」地元・津田沼でファン感涙のアルバム発売イベント開催

9枚目のフルアルバム「遥か遠くに見えていた今日」をこの5月17日に発売した奥華子が、同日に地元の千葉・津田沼にて発売記念のフリーライブを開催し、アルバムに収録された新曲「遥か遠くに」を含む5曲を披露した。

 

この日、会場となったイオンモール津田沼の特設会場には約500人の観客が訪れ、2階・3階の観覧エリアまで満員状態に。
ニューアルバムの初回盤ジャケットの衣装で登場した奥は「奥華子、ニューアルバムの発売日に津田沼に帰ってきました!地元、思い出の地でアルバムの発売日にライブができてうれしいです!」という思いを告げると、不動産賃貸MASTのCM曲としてもオンエアされた「プロポーズ」を弾き語りで披露。会場は、“10万人が足を止めた魔法の声”とも称される奥華子の歌声に酔いしれた。

 

そして、あらためて今回のアルバムの発売に対して奥は「今回のアルバムは本当にいろいろな思いを込めて作りました。この発売日に思うことは、みんながいてくれてよかったと思うし、自分一人ではなく信頼できる多くの人たちとこのアルバムを作れたことが本当にうれしいです」と、ファンと観客に感謝の気持ちを伝えた。
その後、アルバムの1曲目に収録され、ファンからも音源化を望む声の多かった「Rainy day」をはじめ「愛という宝物」、そして奥華子の真骨頂の失恋バラード「最後のキス」を披露し、観客を魅了した。

 

イベントの最後に歌ったのはアルバムのラストに収録され、アルバムタイトルにもリンクする「遥か遠くに」。この曲は奥華子がアルバムの完成直前まで悩み、練り上げながら、今の赤裸々な思いを込めた楽曲で、「今の自分を鏡に映すように、今の自分の思いをさらけ出して作りました」と本人もコメント。一人きりでも現実に立ち向かっていく苦しさや強さを歌ったこの楽曲を披露すると会場では、聞きながら涙する人も。「日常の中にある素晴らしさ、大切さに気付いて、限りある時の中でいかに生きるか」というアルバムに込められた思いに共感する人も多く見受けられた。

 

この発売記念リリースイベントは6日間連続で実施され、18日には神戸にて、翌日以降も各地で開催される予定。‟声だけで泣ける” シンガーソングライター・奥華子の歌声を、ぜひこの機会に体感してみてほしい。

 

 

 

■イベント情報

 

■ミュージックビデオ
奥華子「遥か遠くに見えていた今日」全曲視聴クロスフェード動画

 

■リリース情報
New Album「遥か遠くに見えていた今日」
2017年5月17日発売

初回限定盤

通常盤

●初回限定盤 (CD+DVD)
PCCA-04535 ¥3,500(税込)
●通常盤 (CD Only)
PCCA-04536 ¥3,000円(税込)
<収録内容・特典>

 

■キャンペーン情報

 

■配信情報
「プロポーズ」先行配信、アルバム「遥か遠くに見えていた今日」予約
〇iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1226339430?l=ja&ls=1&app=itunes
〇Apple Music
https://itunes.apple.com/jp/album/id1226339430?l=ja&ls=1

 

■ライブ情報
奥華子全国ツアー
<日程>

 

■関連サイト
奥華子 オフィシャルサイト
http://www.okuhanako.com
奥華子 オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/kokoroletter/
奥華子 公式Twitter
https://twitter.com/okuhanako

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP