MENU

News Ticker

ニコラス・エドワーズ、キャリア初のアコースティックライブで熱唱!観客と大合唱も

ニコラス・エドワーズがキャリア初のアコースティックライブツアー「ALIVE Sessions: Acoustic Tour Spring 29」の東京公演を、この5月10日に表参道GROUNDにて開催した。

 

この公演は、当初予定されていた全国6か所全8回のツアーがほぼソールドアウトしたために決定した追加公演。この日も立ち見席は身動きが取れないほどの多くの観客が詰めかけた。
ライブツアー「ALIVE Sessions: Acoustic Tour Spring 29」は、ニコラスが「自分の曲はもちろん、洋楽や僕の大好きなJ-POPを歌える機会がもっとあったらいいなと思って企画した」というもので、最大の特徴は「セトリもトークもノープランで、みなさんと相談しながら決める」という点。ニコラスと米田直之(P)、YUTAKA(Gt)のもとには20曲以上におよぶ選曲リストが用意されており、その中からニックがその場の雰囲気に合ったナンバーを告げ、時にはリストを知らない観客にナンバーを選ばせて歌うというスタイルを取った。

 

この日、ピンクのレザージャケットにTシャツにデニムというラフな格好で登場したニコラスは、アップテンポのオリジナル曲「Mercy」でライブをスタート。いきなりクラップが巻き起こる中、「みなさんが作ってくれた追加公演のために特別な曲を用意してもいいんじゃないかと」と語り、2曲目でリストにはなかった「飾りじゃないのよ涙は」(中森明菜)を披露。カラオケに行くと必ず歌う曲だそうで、ひざまづきながら熱唱するなど切実な歌声を響かせ、「歌謡曲黄金時代の素晴らしい曲」と語った「危険なふたり」(沢田研二)や自身が「のどじまんTHEワールド!」で歌って優勝した思い出のナンバー「メロディー」(玉置浩二)などのJ-POPに加え、アリアナ・グランデのヒット曲「Be Alright」を甘美なファルセットでカバーし、ヴォーカリストとしての声質の多彩さ、技術の高さを存分に味わわせた。

 

オリジナル曲もアコースティックライブならではのアレンジが施され、「モナリザ」はこれまでの公演ではスイングジャズになっていたが、この日は特別にバンジョーでの演奏となり、哀愁たっぷりのカントリーソングに様変わり。また、ピアノとギターというシンプルな楽器編成になったことにより、その楽曲が本来持っているメロディラインの素晴らしさに再確認させられることも多かった。ニックがステージを降りて、フロアを歩きながら歌った「夢を力に」や「DR1VE」などでシンガロングが起きたのは、どの曲も弾き語りで歌っても成立するメロディを持っているという証でもあるだろう。

 

ライブ本編は、母との思い出や弟と喧嘩したエピソードなど、プライベートな質問にも真摯に答えた質問コーナーを挟み、最後はマイクを外したシャウトも飛び出したスロウナンバー「Moonlight Carnival」で締めくくられた。

 

アンコールでは「赤い糸のように僕とみなさんを繋げてくれる曲です」と語り、7年前、19歳の時にレコーディングしたというデビュー曲「My First Love Song」と最新アルバム「GO EAST」「GO WEST」の収録曲で、”キミが望むなら/逢いにゆくよ/ボクの名前を呼んで” というフレーズに、観客が「ニック!」と応える「W/W/W」を観客全員で大合唱。
最後に、ニコラスは「アコースティックツアーをやってみて、自分の中で伝えたい思いと、みんなと築き上げていきたい未来が、自分の心の中により強く刻まれた気がしているので、これからもどんどんアコースティックツアーもやっていきたいと思います」と新たな意気込みを語るとともに、「また会いましょう!」と再会の約束をし、ステージを降りた。

 

なお、同ツアーは、この13日に横浜・O-SITEでの2部公演を持ってファイナルを迎える。また、ニコラス・エドワーズは20日に千葉県いすみ市で行われる映画「JAPAN LOVE」の舞台挨拶に登壇し、翌21日には同市で開催される「サマータウンフェスタ2017」に出演予定。そして、6月25日にはサマーコンサートの開催を予定している。

 

 

 

■ライブ情報
「ALIVE Sessions: Acoustic Tour Spring 29」

 

■イベント情報

 

■リリース情報
Live DVD&Blu-ray「Nicholas Edwards MOTION 2016 Video Document」
2017年3月15日発売


●ブルーレイ (2枚組)
PCXP.50476 ¥6,800+税
●DVD (2枚組)
PCBP.53162 ¥5,800+税
<収録内容>

 

 

■関連サイト
ニコラス・エドワーズ ポニーキャニオン・オフィシャルサイト
http://nicholasedwards.ponycanyon.co.jp/
ニコラス・エドワーズ オフィシャルサイト
http://www.nicholas-edwards.jp/
ニコラス・エドワーズ オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/0nyk0/
ニコラス・エドワーズ 公式twtter
https://twitter.com/nyk_staff?lang=ja
ニコラス・エドワーズ オフィシャルInstagram @n_y.k
https://www.instagram.com/n_y.k/
ニコラス・エドワーズ facebook
https://www.facebook.com/0nyk0

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP