MENU

News Ticker

「バカ田大学祭ライブ」チケット発売開始!参加アーティストよりコメントも


来る5月3日から5日にかけて開催される「バカ田大学祭ライブ」のチケット発売が開始され、あわせてライブのキービジュアルが解禁、出演者のTHE BEATNIKS、矢野顕子、大貫妙子&小松亮太、KIRINJI、ゴンチチ、清水ミチコからコメントが到着した。

 

同ライブは、赤塚不二夫生誕80年企画として「天才バカボン」「もーれつア太郎」の50周年にあたる本年、ゴールデンウィーク3連休に東京・恵比寿 ザ・ガーデンホールにて開催される。
2015年9月に電気グルーヴやスチャダラパーが出演して開催された第1回に続き、今回は第2回目の開催となり、赤塚不二夫作品を愛する著名ミュージシャン6組が “バカ田大学” に緊急入学して音楽祭を実行する。

 

今回6組の参加アーティストから寄せられたコメントは以下のとおり。

 


 

【高橋幸宏(THE BEATNIKS) コメント】

憧れのバカ田大学。慶一くんはその卒業生というウワサを耳にしましたが、僕は入学もできていない。今回の出演を入試がわりに考えていただくことはできないでしょうか。で、できれば入学させていただけないでしょうか。一生懸命がんばって、ステージをつとめますので。

【鈴木慶一(THE BEATNIKS) コメント】

私、鈴木慶一の最終学歴はバカ田大学です。数年前に数十年かかりましたが、卒業証書をいただきました。そして、バカ歩き省に振り付け師として勤務中です。が、省には秘密で、ばかだ大学を設立。バカ田の隣です。現在、バカ田大学に、姉妹校としての許可を申請中。申請が認められ次第、ばかだ大学総長に就任予定。ばかだ大学は、馬鹿よいつまでも。君は馬鹿だったが今も馬鹿。生きてるうちはみんな馬鹿、の三本柱を掲げ、学校法人の認可を待っております。

【矢野顕子 コメント】
わたしは高校中退なので、大学生活というものを知らない。バカボンのパパと共に在籍したかったバカ田大学。学食の名物は何ですか?

【大貫妙子 コメント】
おそ松くんのあの時代、そういえば、チビ太と呼ばれていたことを突然思い出した。もしかしてあれはいじめだったザンス!忘れていてよかった今となっては懐かしい。みんな仲良くするのでアール!

【小松亮太 コメント】
僕にとっては「ボンボンバカボン・バカ・ボンボン」は古すぎて、「元祖天才バカボン」の夕方の再放送「こーれーでーいーのだー」の方こそが懐メロである。しかしうちの子供たちは有料チャンネルで「ボンボンバカボン・バカ・ボンボン」にハマっていて、何だかこちらが遅れた人みたいになってしまって悔しい。

【KIRINJI 堀込高樹 コメント】
気がつけばバカボンのパパより年上になっていたKIRINJIの堀込です。この度、赤塚不二夫さん生誕80年企画イベントに私たちKIRINJIも出席することになりました。たのしみです。 そう、平成天才バカボンのエンディングテーマの「ナスがママならキュウリはパパだ」というフレーズ、駄洒落ですが、不思議と女子受けします。旦那衆にオススメです。

【ゴンザレス三上(ゴンチチ) コメント】
カメラ小僧が好きです。カメラ小僧に瓜二つの竜之進も好きです。不滅の赤塚マンガの中で、奇妙奇天烈なキャラの方々が、そこに普通にただ存在しているのが好きです。それを見ていると、心の中に「これでいいのだ!!」がこだまします。

【チチ松村(ゴンチチ) コメント】

僕は、小学生時代おそ松くんで育ち、成人してからは赤塚キャラの「バカメ」に似ていると言われ、そして今、嫁さんの宝物「もーれつア太郎」全巻を読破しようとしています。気が付けば、いつも側には赤塚が!

【清水ミチコ コメント】
バカ田大学、ご入学おめでとうございます。希望の夢が膨らむみなさん、どうぞそのまま新鮮な空気を胸いっぱい吸い込んで、私がいいと言うまで、吐き出さないでください。

 

 

■ライブ情報
赤塚不二夫生誕80年企画
『天才バカボン』&『もーれつア太郎』50周年記念バカ田大学祭ライブ

 

■プロフィール

 

■関連サイト
バカ田大学祭ライブ オフィシャルHP
http://www.diskgarage.com/feature/bakadalive/

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP