MENU

News Ticker

K DUB SHINEら歴史好きラッパーと佐賀県がコラボ!楽曲制作&カセットテープ配布

映画「ラ・ラ・ランド」映画「ラ・ラ・ランド」

MCバトルを繰り広げるテレビ番組などHIP HOP、ラップの人気が高まる昨今、4人の歴史好きラッパーと自治体の佐賀県が手を組み、HIP HOPのコラボレーション楽曲を制作・発表することが明らかになった。

 

これは、佐賀県の情報発信による地方創生プロジェクト「サガプライズ!」の一端として行われるもので、楽曲のタイトルはずばり「The SAGA Continues…(ザ サガ コンティニューズ…)」。
HIP HOPトラックをその世界の大御所、DJ WATARAIが制作し、4人のアーティストがラップをリレーで担当する。その面々は、MCバトル番組でも審査員を務めるKEN THE 390、長いキャリアを持ち、その活動スタンスが新聞やテレビで特集されたKOHEI JAPAN、佐賀県出身の実力派ラッパー・DEJI、そして、この人なくして日本のHIP HOPは語れない重鎮、K DUB SHINEだ。

 

その歴史にも造詣の深い彼らが今回テーマにしたのは「明治維新」。明治政府に出仕し、維新に大きく貢献した知る人ぞ知る佐賀藩の功績をラップでマイクリレーする。
「薩長土肥」の「肥」は「肥前=佐賀藩」をさすこと、「先憂後楽」の意味とは、「日本は佐賀を見ていた 佐賀は世界を見ていた」などすべての言葉がパンチラインのような楽曲が完成。幕末の男たちのストーリーをどうラップに落とし込まれたのかが聴きどころだ。

 

この楽曲は、3月22日から特設サイトにてミュージックビデオと共に一般公開される。加えて、その音源を収録したレアアイテムとなるカセットテープが数量限定で配布されることが決まった。
カセットテープは、デッキがなくとも手元に置きたくなるHIP HOPマナーと愛情を感じさせるデザインで、音源をフリーでダウンロードできるコード付きのステッカーも封入される。
配布は、3月25日に東京・渋谷 タワーレコード渋谷店、同25日・26日に佐賀・サガテレビ超!春フェス2017にて、同楽曲のSNSでの拡散協力者を対象に行われる。

 

 

■作品情報
「The SAGA Continues…(ザ サガ コンティニューズ…)」
2017年3月22日 特設サイトにて公開予定

 

[自治体PR 佐賀県]

PONY CANYON公式ツイッターでは
の新着記事をお知らせしています!



MENU

TOP