MENU

News Ticker

佐賀県プロデュースアニメーション第2弾完成!佐賀・唐津を舞台に2作品が公開

映画「ラ・ラ・ランド」映画「ラ・ラ・ランド」


自県のPRに積極的にアニメをプロデュースして注目を浴びる佐賀県が、その第二弾となる二作品「ただいま 思い出の佐賀」「おかえり 故郷の唐津」をこの度完成させ、この3月12日にYouTubeなどにて公開した。

 

第一弾の有田編、武雄編に続き、新作の舞台となったのは佐賀市と唐津市。「ただいま 思い出の佐賀」は、タイから佐賀市にやってきた留学生・メイが人々との触れ合いを通じて彼女自身の「大切な思い出」にたどり着くというファンタジックな感動ストーリー。そして、「おかえり 故郷の唐津」は、プロサッカー選手を目指ざしながら挫折した唐津市の男子高校生が悩み苦しみながらも新たな一歩を踏み出す姿が描かれる青春物語だ。

 

制作は数々のアニメーション作品を手掛けるポニーキャニオンが担当。脚本は佐賀県出身で「ベイブレード・バースト」などで知られる園田英樹が務め、佐賀県人であれば「なるほど」と頷くことができ、県外の人でなら両市の魅力を堪能できる感動ストーリーに仕上げた。
また、唐津編のエンディングテーマは同県出身のシンガーソングライター・松谷(まつや)さやかが新曲「大切な場所」を書き下ろし、美しいメロディが物語に彩りを添えている。
そして、キャストには、山口勝平、野中茜、名塚佳織、三石琴乃といった人気キャラクターを数多くこなす実力派声優たちが登場。アニメファンも納得のいく布陣だ。

 

今回、同アニメはYouTubeにて公開される同時に、「ただいま 思い出の佐賀」が佐賀県立博物館で、「おかえり 故郷の唐津」が九州陶磁文化館でも上映がスタートした。
公開前日の11日には佐賀県立博物館で公開記念イベントも開催され、脚本の園田氏やキャストの山口勝平、唐津編エンディングテーマを担当した松谷さやからのゲストと共に作品が一足先に披露された。

 

佐賀県は、アニメーションにいち早く注目し、2016 年に磁器の町・有田町を舞台に「約束の器~有田の初恋」、”住みたい田舎全国3位” にランキングされた武雄市を描いた「冬の誓い、夏の祭り 武雄の大楠」の二つアニメーションをプロデュースしてWEBで公開。遠くは中国からも県庁担当にメールが殺到するなど反響を呼んでいた。また、ヒットアニメ「ユーリ!!! on ICE」とのコラボイベント「佐賀県×ユーリ!!! サーガ!!! on ICE」なども都内で開催している。

 

 

■作品情報

●「ただいま 思い出の佐賀」

●「おかえり 故郷の唐津」

 

[自治体PR 佐賀県]

PONY CANYON公式ツイッターでは
の新着記事をお知らせしています!



MENU

TOP