MENU

News Ticker

佐賀県プロデュース新作アニメに参加声優・三石琴乃&山口勝平からコメント


佐賀県がプロデュースする第二弾アニメーション2作品に関し、公開を直前に控え、ボイスキャストを務める人気声優二人よりコメントが到着した。

 

新作の2作は、佐賀市を舞台に制作された「ただいま 思い出の佐賀」と唐津市を舞台にした「おかえり」。「ただいま 思い出の佐賀」ではメイ役の名塚佳織、ジュン役の三石琴乃が、「おかえり」では広井空役の山口勝平、吉岡雨海役の野中藍が、佐賀県内の美しい景色の中で描かれる感動ストーリーを熱演している。
今回、その三石琴乃と山口勝平から作品への想いを込めたコメントが寄せられた。

 

佐賀県は、ヒットアニメ「ユーリ!!! on ICE」とのコラボイベント「佐賀県×ユーリ!!! サーガ!!! on ICE」も3月6日から東京都内で開催。過去には「おそ松さん」とのコラボなど、他の自治体とはひと味違うプロモーションを展開中だ。
また、県ではこれらコラボレーション以外にも、他自治体に先んじて2015年より県内各所を題材としたアニメーションの自主プロデュースに着手。2016年に有田町が舞台の「約束の器 有田の初恋」、武雄市が舞台の「冬の誓い 夏の祭り 武雄の大楠」の2作品を公開し、好評を博していた。

 

新作の「ただいま 思い出の佐賀」「おかえり」は共に3月12日よりYouTubeにて公開され、同時に佐賀県立博物館と九州陶磁文化館でも上映される。
公開前日の11日には佐賀県立博物館で公開記念イベントも開催され、アニメーションの完成披露試写と二作品の脚本を務めた佐賀県出身の園田英樹氏やキャストの山口勝平のトークショーが行われる。同イベントでは、松谷さやか氏による唐津編エンディングテーマ「大切な場所」のライヴ披露も予定されている。

 


 

【三石琴乃(「ただいま 思い出の佐賀」ジュン役) コメント】

台本を読んでびっくり。二話とも母親役でした(おいおい)。佐賀編のジュンの夢が叶う熱気球のシーンは涙が出ました。唐津編で演じたのは、女手一つで空を育ててきた気立ての良い母さんです。佐賀弁でどこまでナチュラルに喋ることができたのかは分かりませんが、子を思う母の気持ちは120%込めました。勝平さんの母さん、ってところが衝撃の事態です(笑)。

 

【山口勝平(「おかえり」広井空 役) コメント】

僕が演じたのは唐津の男の子です。自分が上京したころの思い出をかみしめながら演じさせていただきました。

 

 

■作品情報
佐賀編「ただいま 思い出の佐賀」/唐津編「おかえり」

 

■イベント情報
「佐賀県を巡るアニメーション作品」公開記念イベント

 

[自治体PR 佐賀県]

PONY CANYON公式ツイッターでは
の新着記事をお知らせしています!



MENU

TOP