MENU

News Ticker

日本初!? 農産物とヒップホップがコラボ、埼玉ブランド農産物PR映像が完成

映画「ラ・ラ・ランド」映画「ラ・ラ・ランド」

埼玉県が自県の推す農産物をアピールするため、ヒップホップのラッパーとコラボした異色のPR映像を完成させ、この度そのYouTube公式チャンネルにて公開された。

 

映像は同県産の農産物の魅力をラップで表現するというもので、ジャパニーズ・ヒップホップ界が誇るグループ・GAGLE(ガグル)のHungerが「埼玉ブランド、ブランド」と一聴したら耳から離れないキャッチーなパンチラインをBGMで披露。同県産ブランド農産物の狭山茶、梨、米、野菜のその栽培から収穫、流通、食卓に届くまでが、まるでヒップホップのミュージックビデオのようにスタイリッシュに描かれている。
今回、サウンドプロデュースは日本はもとより欧米でも人気のGAGLEメンバーであるDJ MITSU THE BEATS、映像は引く手数多のクリエイター集団・Jazzy Sportを牽引するMasaya Fantasistaが担当した。

 

ヒップホップと埼玉といえば、大ヒットした青春映画「サイタマノラッパー」が思い浮かぶが、今回の映像は地元の農業の担い手たちが野菜に愛情を注ぎ育む姿も演出抜きで映し出され、ヒップホップのインパクトある楽曲が引き立て、とても魅力的なものとなっている。
農産物とヒップホップがコラボした映像は日本初とのこと。ぜひチェックしてみてほしい。

 

 

■動画
埼玉ブランド農産物PR映像

 

■プロフィール

 

■関連サイト
「埼玉県農産物チャンネル」
https://www.youtube.com/channel/UCAh8PaSZbk864xkMX5Y3wEw

 

[自治体PR 埼玉県]

PONY CANYON公式ツイッターでは
の新着記事をお知らせしています!



MENU

TOP