MENU

News Ticker

「VIDEO GAME ORCHESTRA」東京公演第三弾プログラムに「Cytus」「Deemo」人気曲


3月15日に開催される音楽エンターテイメント「VIDEO GAME ORCHESTRA(VGO)」東京公演のプログラムの第三弾が発表され、大ヒット音楽ゲーム「Cytus」「Deemo」の人気曲が公式映像と共に日本初演されることが決定した。

 

「VIDEO GAME ORCHESTRA(VGO)」は、音楽プロデューサーである仲間将太(Shota)が米国ボストンで始動させたロックとオーケストラが融合した “ロックシンフォニー(ROCK SYMPHONY)” で、ゲーム音楽を演奏するプロジェクト。
プログラム第一弾として「D4: Dark Dreams Don’t Die」「Sonic Adventures 2」「Sonic World Adventure」、第二弾として「FINAL FANTASY XV」「テイルズ オブ ゼスティリア」「GOD EATER 2 RAGE BURST」の各楽曲が発表されていた。

 

第三弾プログラムで明らかになったのは、台湾新鋭ゲームメーカー・Rayarkが開発し、一夜にして音ゲー界に革命を起こしたメガヒット作品「Cytus」(サイタス)、そしてそれをさらに進化させた続編的存在の作品「DEEMO」(ディーモ)の楽曲。ファンに最も人気のある3曲「Holy Knight」「Halcyon」「Magnolia」の特別組曲アレンジ版が、ロックバンドとオーケストラという豪華な編成で演奏される。

 

Rayark音楽公式ライブとしても、今回の東京公演が記念すべき日本初演奏。大画面に映るRayark社がVGOのためだけに特別に提供した美しいゲーム映像や秘蔵のヴィジュアルと共に、ロックシンフォニーによる最高の演奏を楽しむことができる。

 

VGOは今後もプログラムが追加されていく予定。続報にも期待したい。
チケットは、現在先行予約が受付中だ。詳しくは公演ホームページでチェックを。

 


 

【Rayark Game Directorトニー・リー氏 コメント】

今回日本で行われるVGOのコンサートをとても楽しみにしております。CytusとDEEMOの楽曲の生演奏がついに日本デビューです。みなさん応援よろしくお願い致します!

 

 

■ライブ情報
「VIDEO GAME ORCHESTRA」

 

■プロフィール

 

■関連サイト
「VIDEO GAME ORCHESTRA」公演ホームページ
http://vgo.jp/

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP