MENU

News Ticker

「VIDEO GAME ORCHESTRA」東京公演第二弾プログラムにFF XV楽曲など


北米最大のゲーム音楽エンターテイメント「VIDEO GAME ORCHESTRA(VGO)」が日本に初上陸し、来たる3月15日に東京公演を開催する。この度、その気になるプログラムの第二弾が発表された。

 

VGOは、音楽プロデューサーである仲間将太(Shota)により米国ボストンで始動した、ロックとオーケストラを見事に融合させた “ロックシンフォニー(ROCK SYMPHONY)” でゲーム音楽を演奏するプロジェクト。

先日の第一弾発表の際に告知された「D4: Dark Dreams Don’t Die」「Sonic Adventures 2」「Sonic World Adventure」に続き、今回の第二弾で「FINAL FANTASY XV」と「TALES OF ZESTIRIA」「GOD EATER 2 RAGE BURST」からの楽曲が音と映像で再現されることが決定した。

 

「FINAL FANTASY XV」は、Shotaが作編曲チームに加わり、VGOが録音にも参加した現在世界で大ヒット中の作品。最先端の技術を駆使して全世界を圧倒したあの映像とともに、”FFXV” の名曲の数々が日本国内で初演奏されることになる。
そして、「TALES OF ZESTIRIA」と「GOD EATER 2 RAGE BURST」より、VGOのボーカリスト陣が実際に歌唱を担当したあの珠玉の楽曲が、本人たち自身の歌声とともに初生演奏が実現。もちろん映像付きだ。

 

Shota率いる全米トップクラスのミュージシャンたちが、独自のアレンジと世界観で熱いゲーム音楽ライブを展開するVGO。プログラムは今後も続々と追加されていく予定なので、続報にも期待したい。

最速先行予約は公演ホームページにて2月13日いっぱいまで受付中だ。

 

また、今回自身の楽曲が演奏される作曲家から、以下のような推薦コメントも到着している。

 


 

【椎名豪(作曲家/バンダイナムコスタジオ所属) コメント】

初めまして椎名豪です。海を越えて本人が歌いに来るなんて夢のようです。あの痺れる声ー!今回ゴッドイーターの曲目は初お披露目となる曲で戦闘・イベント・エンディングとくまなく楽しんでください。さらに「テイルズ オブ ゼスティリア」のあの名曲もオーケストラとバンドのハイブリットで聴けます。皆様と一緒に同じ空間であのシーンを体感できたらとワクワクしております。お花見シーズンVGOライブを聴きながら春を迎えられるのが一番の至福です。GE、TOZともによろしくお願いいたします!

 

【鈴木克崇(作曲家) コメント】
FF XVの仕事において、一番思い入れのあるイフリートの曲をVGOで演奏をしてもらえることに、僕はとても嬉しく思います。FINAL FANTASY XVでは実際のゲームプレイの映像を見ながら作曲しました。今回のライブでは映像も流れるそうなので、僕が作曲中に感じた感情や温度を、ライブで体験して頂けたら嬉しいです。

 

 

 

■ライブ情報
「VIDEO GAME ORCHESTRA」

 

■プロフィール

 

■関連サイト
「VIDEO GAME ORCHESTRA」公演ホームページ
http://vgo.jp/

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP