MENU

News Ticker

アカデミー賞最多ノミネート!映画「ラ・ラ・ランド」ジャパンプレミア開催

本年度第74回ゴールデングローブ賞で、歴代史上最多となる7部門(作品賞、主演男優賞、主演女優賞、監督賞、脚本賞、作曲賞、主題歌賞)を受賞した映画「ラ・ラ・ランド」。今週1月24日に発表されたばかりの第89回アカデミー賞ノミネート作品でも史上最多タイとなる14ノミネートを果たした同作のジャパンプレミアが、この26日都内のTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた。

 

ジャパンプレミアにはデイミアン・チャゼル監督と主演のライアン・ゴズリングが登壇し、日本人スペシャルゲストとしてブロードウェイ・ミュージカル「シカゴ」にも出演した米倉涼子が登場した。アカデミー賞ノミネート作品が発表されたばかりのタイミングということで、会場内は満員の観客とマスコミの熱気に包まれた。

 

初来日となるデイミアン・チャゼル監督は、2年前「セッション」で一躍世界から注目を集め、今回のゴールデングローブ賞では「ゴッドファーザー」のフランシス・フォード・コッポラ監督の当時33歳という記録を塗り替え、史上最年少となる31歳での監督賞受賞を果たした若き天才。

一方、「きみに読む物語」以来13年ぶりの来日となる主演のライアン・ゴズリングは、数々の映画に出演し、今やシリアスからコメディまで幅広い役を演じるハリウッドを代表する俳優だ。

 

ジャパンプレミアはサプライズ登場した米倉涼子のオープニングコメントでスタートし、ダンサーたちが映画のオープニングシーンをダンスパフォーマンスで再現。続いてチャゼル監督とゴズリングが劇場中段扉から登場し、集まった観客の写真撮影やサインに和やかに応じ、ファンとの交流を楽しんだ。

 

観客から最多ノミネートへの祝福にチャゼル監督は「本当にうれしい。映画を観ていただければ、ライアンやエマ(・ストーン)やスタッフみんなのチーム力の勝利だとわかっていただけると思う。この映画を作ること自体が夢だったし、それをライアンと一緒に作れたことで夢がかなった。彼は特別な役者でピアノを弾いて、歌って、踊ってそれを全部自分でやっている。本当に素晴らしい。ライアンとエマをミュージカル映画で共演させられたことで、より地に足の着いた作品になったし、普段ミュージカルを観ない人にも楽しめる作品になった」と語った。

 

主演のゴズリングも「この映画を作れただけでラッキーだった。公開されてから良い評価をしてもらっているだけで幸せ。さらにアカデミー賞にもノミネートされた事には驚いている」と、日本滞在期間が短いことをチャゼル監督と共に残念がりながら、日本で自分たちの映画を紹介出来ることを喜んだ。

 

スペシャルゲストの米倉涼子は「オープニングから圧倒されて、ミュージカル映画だけどそれだけじゃない。ポップでキュートでちょっとシュールでロマンスたっぷりで、光と音で違う世界にすっと誘い込まれて、素晴らしい時間でした。今日ももちろんですが、映画の中でのライアンさんはすごい格好いい。」と感想を語った。

また、米倉からの質問に、ゴズリングは「1シーンの長まわしはすごく大変だった。長まわしで撮影すると観ている人がそこにいる感じになる。失敗できない緊張感もあるので、キャスト、スタッフとつながりを感じて、よりマジカルなものが生まれた」と応じ、監督も「オープニングはLAの渋滞からアイデアが浮かんだ。オープニングシーンから観客をすぐに映画の世界に引き入れたかったし、ミュージカルは誇張されているけれど、地に足の着いたところを見せたかった」と答えた。

 

そして、最後にチャゼル監督が「楽しかったらぜひ友達に伝えて下さい。面白くなかったら自分の中に秘めておいて下さい」と茶目っ気たっぷりにPRして締めくくった。

映画「ラ・ラ・ランド」は2月24日全国公開。注目の第89回アカデミー賞は2月27日(日本時間)発表される。

 

 

 

■劇場公開情報
映画「ラ・ラ・ランド」
2月24日(金)TOHOシネマズみゆき座ほか全国公開
配給:ギャガ/ポニーキャニオン
http://gaga.ne.jp/lalaland/

 

(c)2016 Summit Entertainment,LLC.ALL Rights Reserved.

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP