MENU

News Ticker

HALO、日韓初のライブ開催&大盛況で終了!モバイルファンクラブも開設

halo1107_9
韓国の6人組ボーイズグループ・HALO(ヘイロー)が、この11月5日・6日の2日間、日韓を通して自身初となるライブを開催。計4回の公演をすべてを大盛況で終了させた。そして、初ライブ記念日となる同5日正午に日本のモバイルファンクラブとなる「JAPAN HALOVE CLUB」もオープンした。

 

これまでに日本では「放課後!HALO部」という定期公演を5回行ってきたHALOは、その経験を活かした圧倒的パフォーマンスで “HALOVE(ヘブ=HALOファンの愛称)” たちを魅了した。
定期公演では、コント仕立てのミニドラマなどで、白塗りメイクや女装などの姿でアイドルの枠を大きく超え、会場を爆笑の渦に包み込んできたHALOが、今回の初ライブではまさに6人が “王子様” となり、ファンたちの心を鷲掴みにした。

 

日本デビュー曲「HEAVEN HEAVEN」で幕を開け、続いては韓国で9月に発売されたミニアルバム「HAPPY DAY」の中から、初披露となる「Popcorn」へ。そして、最初の挨拶からすべて通訳なしの日本語で通し、ファンとのコミュニケーションを図る。セットリストは韓国デビューからのお馴染みの曲はもちろん、初披露となる6曲を含めた全19曲(ソロメドレーを含めると全21曲)を披露。中でも一人一人のキャラクターを存分に活かしたソロコーナーはまさに圧巻。会場には悲鳴とも取れるような大きな大きな歓声が響いた。

「これからがHALOのまた新しいスタートです。ずっとずっと一緒にいよう。幸せにしてあげるから。約束だよ」というリーダー、オウンの言葉でみんなで指切りをしてラスト曲「指切りをしよう」で本編の幕を閉じる。

 

そして、会場が割れんばかりのアンコールの声でHALOメンバーはライブTシャツでステージに再登場。客席に降りて、HALOVEたちとハイタッチをして一緒にジャンプしながら歌う「Go Away」でのその図は会場すべてが「幸せ」そのもの。メンバーからはファンクラブの開設と、次回の定期公演開催決定の告知があり、HALOVEのテンションはさらに上昇する。アンコール最後にはHALOVEたちからのサプライズメッセージが掲げられ、メンバーたちは驚きと喜びを爆発させながら、まさにそのままの曲「Surprise」で全てのステージを終了した。

 

しかし、HALOVEからのアンコールの声は止まらない。メンバーたちも「どうしても、もう1曲!」と「HEAVEN HEAVEN」でダブルアンコールのステージへ。最高潮の盛り上がりのうちに、HALOがHALOVEと過ごした濃密な2時間が終了。ライブタイトルどおり、この日HALOは「HALOVE(ヘブ)to(と) HEAVEN」な時間を過ごした。

 

halo1107_1halo1107_2
halo1107_3halo1107_4halo1107_5halo1107_6halo1107_7halo1107_8

 

 

■イベント情報
「放課後HALO部(ほうかごヘイローラブ)Lesson6」
2017年1月開催(詳細日程は後日発表)

 

■リリース情報
「HEAVEN HEAVEN」
2016年8月17日発売

HALO_shokaiA

初回限定盤A

HALO_shokaiB

初回限定盤B

_HALO

通常盤

●初回限定盤A
PCCA.04419 ¥1,600+税
●初回限定盤B
PCCA.04420 ¥1,600+税
●通常盤
PCCA.70483 ¥1,200+税
<収録内容>

 

■関連サイト
HALOオフィシャルサイト
http://www.halo-official.info/
HALOオフィシャルファンクラブモバイルサイト
https://halo-japanmobile.com/

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP