MENU

News Ticker

原作・重松清 主演・沢村一樹、ドラマ「希望ヶ丘の人びと」BD&DVD化

(C)2016 WOWOW INC.

(C)2016 WOWOW INC.


原作・重松清、主演・沢村一樹、脚本・岡田惠和、監督・深川栄洋の最強タッグで送る連続ドラマ「希望ヶ丘の人びと」が、早くも2017年1月6日に発売されることが決定した。

 

本作は、「ビタミンF」で直木賞を受賞した小説家・重松清の「希望ヶ丘の人びと」を初めて連続ドラマ化したもの。突然、妻を、母を失った家族が、亡き妻の故郷で四苦八苦しながら新しい生活を築いていく姿を描いた感動作だ。WOWOW「連続ドラマW」枠でこの夏に放送された。

 

脚本は、連続テレビ小説「おひさま」を手掛けた岡田惠和、監督は映画「神様のカルテ」の深川栄洋が務める。

主演は連続ドラマW初出演の沢村一樹。その妻役にはこちらも連続ドラマW初出演の和久井映見、そして、妻の初恋の人である伝説の不良を寺脇康文が扮する。
主人公の娘役は期待の若手女優・桜田ひより、愛らしい息子役は「そして父になる」の二宮慶多が演じる。その他、伊藤かずえ、六角精児、宮川一朗太、やついいちろう、平泉成、といった個性豊かな俳優陣が顔を揃えた。

 

発売が決まったブルーレイ・DVDには、ともに特典映像も収録予定となっている。

 

 

b01-018%ef%bd%8101-446a03-178%ef%bd%814-332

(C)2016 WOWOW INC.

 

■リリース情報
「希望ヶ丘の人びと」
2017年1月6日発売 ※レンタル同時リリース
●ブルーレイボックス
PCXP.60057 ¥11,750+税
●DVDボックス
PCBP.62229 ¥9,500+税

 

発売元・販売元:ポニーキャニオン

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP