MENU

News Ticker

「響け!ユーフォニアム」第1回定期演奏会オフィシャルレポート

映画「ラ・ラ・ランド」映画「ラ・ラ・ランド」

_mg_1621

この10月5日から第2期の放送が始まる吹奏楽部アニメ「響け!ユーフォニアム」をテーマにした、吹奏楽コンサート「響け!ユーフォニアム 公式吹奏楽コンサート ~北宇治高校吹奏楽部 第1回定期演奏会」が、10月1日と同2日に宇治市文化センター大ホールで開催された。
ここは、11話で部員たちが練習を行なったホールのモデルになった会場。麗奈と香織が、ソロを賭けて対決した場所である。

 

演奏はアニメ本編で使われる演奏を担当した「洗足学園音楽大学 フレッシュマン・ウインド・アンサンブル2014」の62名、そして、指揮者は音楽監修を務めた大和田雅洋だ。司会進行は、アニメフリークのキャスター松澤千晶。さらに「響け!ユーフォニアム」シリーズの音楽プロデューサーの斎藤 滋が解説を行う。トークゲストには「優子ことデカリボン先輩です!」と、頭に赤いリボンを付けて登場した、トランペットの2年生・吉川優子役の山岡ゆり。歌のゲストには、1期2期と続けてオープニングテーマを担当するTRUEが登場して会場を沸かせた。

 

_mg_1600

このコンサートは、「響け!ユーフォニアム」本編の物語中で演奏された楽曲を生で聴いて、2期を前にあの感動を音で体感しようという企画。物語の時系列に沿って楽曲が演奏され、運動会でお馴染みの「地獄のオルフェ」では、最初は平坦だが最後に突然激しくなる楽曲展開を、斎藤が「プロレスの様式美と同じだ!」と絶妙に例えて笑いを取る。「海兵隊」などは、吹奏楽部の顧問である滝先生の指導を受ける前と後の両バージョンを披露。下手に演奏するのは逆に難しいそうだが、指導前の音やテンポがずれまくった演奏には笑いが沸き起こり、山岡も思わず「それにしても酷すぎ。あまりの酷さに鳥肌が立った!」とコメントして、さらなる笑いを誘った。

 

感動再びといった感じで歓声があがったのは、「きらきら星」と「愛を見つけた場所」だ。「きらきら星」は、伸び悩んでいた葉月が久美子と緑輝に誘われて、初めて3人で合奏した曲。実際にチューバ、ユーフォニアム、コントラバスの3人で演奏され、葉月ら3人の友情をほうふつとする、暖かくほんわかしたムードが会場を包みこんだ。麗奈と久美子が重い楽器を担いで登った夜の大吉山で演奏した「愛を見つけた場所」も、アニメ本編同様にトランペットとユーフォニアムで演奏。凛として美しく、でもどこか脆さも感じさせるような、まさしく女同士の友情を音にした表現で観客を沸かせた。

 

また、サンフェス(サンライズフェスティバル)で演奏した「RYDEEN」やコンクールで演奏した「プロヴァンスの風」と「三日月の舞」も演奏。「三日月の舞」は、アニメ本編では麗奈がソロを吹くが、このコンサートでは香織の音を担当したトランペットの富岡愛彩実が担当し、ここでしか聴けないレアなソロを聴かせて観客を聴き惚れさせた。そんな富岡に対して、山岡は「どうでした?」「“あのアニメは私が吹いてるんだよ”とか、誰かに自慢したりは?」など質問責めをしていると、いつしか矛先は山岡に向き、富岡とトランペットのソロ対決することに。「え! 私、麗奈じゃないし。優子はオーディションのとき客席にいたんですけど?」と、しどろもどろになった山岡。実は中高の6年間を強豪校の吹奏楽部で過ごした経験を持つだけに、会場に期待が広がった。2人が演奏を終えると、斎藤が「あなたがソロを吹きますか?」と、滝先生のマネを始め、山岡も「私は吹けません。ソロは富岡さんが吹くべきだと思います!」と続ける。渾身の“ごっこ”に会場からは、拍手と歓声と笑いが贈られた。

 

_mg_1934

歌のゲストとして、本編最後に「DREAM SOLISTER(Movie Ver.)」を披露したほか、アンコールで2期オープニングテーマ「サウンドスケープ」(10月12日にシングルとしてリリース)を吹奏楽バージョンで歌唱したTRUE。「サウンドスケープ」を人前で歌ったのはこのコンサートが初めて、しかもそれが通常と違うアレンジということで、「ずっと一人楽屋で、仔犬のようにプルプル震えてました!」と、直前までの気持ちを吐露。しかし、ひとたび歌い始めると、演奏を凌駕するほどのパワフルな歌声で観客を圧倒した。
これには指揮の大和田も「ブラスバンドの演奏を上回る、これほどの声量を持った歌手はそういないです!」と、TRUEの歌声に太鼓判を押した。

 

イベントを終え、「僕たちがどれほどの熱量と、どれほどの愛情を注いで作っているかが、伝わっていたらうれしいです」と斎藤。フレッシュマン・ウィンド・アンサンブルのメンバーも、滝先生ならぬ大和田先生のしごきに耐え、久美子たちと共に成長を重ねてきた。その成果はもちろん2期の放送でも聴けるわけだが、機会があればぜひ生で聴いてほしいものだ(次回は11月20日にも神奈川県民ホールで開催)。
生の吹奏楽体験が、「響け!ユーフォニアム」という作品の魅力を、もう一段階上に広げてくれた。

 

_mg_1852_mg_9479

 

(取材・文/榑林史章)

 

≫次のページ:山岡ゆり&TRUEインタビュー

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP