MENU

News Ticker

TVアニメ「クロムクロ」日米が誇る創作集団2組とのコラボレーションが実現

Otakon2
本年4月からTV放送中で、Netflixによって全世界190カ国でストリーミング配信もされているTVアニメ「クロムクロ」に関し、アメリカ・ボルチモアで開催された北米最大級のアニメコンベンション「Otakon 2016」にて、日米が誇る創作集団2組とのコラボレーションが発表された。

 

同作の8月13日に「Otakon 2016」で行われたトーク・試写イベントにて、富山県高岡市で活動する創作集団「高オタクラフト」と、Otakonの開催地・ボルチモアを拠点とする刀鍛冶集団「ボルチモア ナイフ&ソード」が、アニメ「クロムクロ」を題材にした作品を発表し、日米が誇る「オタク・クラフトマン」の競演が実現した。

 

kurokukuro

「クロムクロ」北米版ビジュアル

「高オタクラフト」は、日本一の鋳物の産地である富山県にてアニメ、漫画、ゲームなどの文化を愛する若手職人が結成した制作チーム。高岡市の伝統工芸「高岡銅器」とアニメ作品のコラボレーションを進める彼らは、「クロムクロ」に登場する主役メカ「クロムクロ」の胸像を高岡銅器で制作し、450年ぶりに姿を表したメカの質感を、彼らの独自の手法で銅器として表現した。
一方、「ボルチモア ナイフ&ソード」は、映画作品やゲーム・アニメ作品に登場する刀を独自の解釈で制作してYouTubeで公開する「MAN AT ARMS:REFORGED」で世界的に有名なクリエーター集団。彼らは「クロムクロ」の主人公「青馬剣之介時貞」が持つ「超振動刀」を制作。日本発のアニメ作品であることに着眼し、日本から取り寄せた原材料を使用して日本刀の特徴を盛り込み重量感あふれる刀を作り上げた。

 

本作のトーク・試写イベントでは、アニメーション制作のP.A.WORKS代表・堀川憲司氏と、第1クールのエンディング主題歌を担当したMICHIも登壇。会場に詰めかけた約500人の観客に向けて北米でも配信が開始された「クロムクロ」の見どころを語った。

 

「クロムクロ」は、日本国外においてはNetflix社のオリジナル作品として20言語の字幕版が制作され、全世界190カ国にて7月4日よりシーズン1(第1~第13話)の配信がスタート。追ってシーズン1の吹替版と、シーズン2の配信を予定している。
日本国内においては、TOKYO MX、BS11、AT-Xほかにて放送中。またNetflix加入者に向けては毎週月曜日に各エピソードが配信されている。

 

Otakon1

 

 

■オンエア情報
TVアニメ「クロムクロ」

 

■リリース情報
「クロムクロ ブルーレイ 第一集」(1~6話収録)
2016年10月19日発売
PCXG.50561ASIN: B01FHEHHPE ≫きゃにめ限定版 ¥12,000+税
<第一集収録内容・特典>

「クロムクロ ブルーレイ 第二集」(7~13話収録)
2016年11月16日発売
PCXG.50562ASIN: B01FHEHHRM ≫きゃにめ限定版 ¥15,000+税
「クロムクロ ブルーレイ 第三集」(14~19話収録)
2016年12月21日発売
PCXG.50563ASIN: B01FHEHHNQ ≫きゃにめ限定版 ¥12, 000+税
「クロムクロ ブルーレイ 第四」(20~26話収録)
2017年1月18日発売
PCXG.50564ASIN: B01FHEHHBS ≫きゃにめ限定版 ¥15, 000+税
<法人別オリジナル特典>

 

■関連サイト
TVアニメ「クロムクロ」公式HP
http://kuromukuro.com/
TVアニメ「クロムクロ」公式Twitter
https://twitter.com/KUROMUKURO_UNKL

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP