MENU

News Ticker

アーノルド・シュワルツェネッガー主演最新作「マギー」BD&DVD9月リリース

映画「ラ・ラ・ランド」映画「ラ・ラ・ランド」
© 2014 Maggie Holdings, LLC.All Rights Reserved.

© 2014 Maggie Holdings, LLC.All Rights Reserved.

アーノルド・シュワルツェネッガーの主演最新作で、自ら製作も手掛け、役者として新境地を開拓した映画「マギー」が、2016年9月2日にブルーレイとDVDでリリースされる。

 

これまで肉体を駆使して、敵を倒し続けてきたアーノルド・シュワルツェネッガーが、本作では家族愛に苦悩し、葛藤しながらゾンビ化していく娘を見守る父親役に挑戦。役者としての新たな表情が観られる貴重な作品となっている。製作前の脚本をハリウッドのスタジオ重役たちが人気投票によってランキングする「ザ・ブラックリスト」によって2011年に選出された異色のゾンビ映画でもある。
その娘役は、わずが10歳の時に出演した「リトル・ミス・サンシャイン」でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたアビゲイル・ブレスリン。「ゾンビランド」でゾンビとの戦いを好演した彼女が、ウイルスによってゾンビ化していく娘を熱演している。

 

ブルーレイとDVDの特典映像には、アーノルド・シュワルツネッガー、ヘンリー・ホブソン監督のインタビューやメイキング、ゾンビ化していく娘のことで葛藤する父と母の貴重な未公開シーンも収録される予定だ。

 

今回、主演のアーノルド・シュワルツェネッガーよりコメントも寄せられている。

 


【アーノルド・シュワルツェネッガー コメント】

 

「マギー」は今まで制作されたなかで最も人間味のあるゾンビ映画だ。
そして、私が今までやった中で最も人間性のある物語でもある。
脚本を読んだ時は涙を流したよ。力強い話だった。
自分の娘が同じ状況だったら、と思い描いていた。
そんな自分にとって最も助けになったのは、実際に父親であることだった。
「キンダガートン・コップ」の時もたくさんの子供たちの相手をして、
意思疎通をして、笑わせて、仲間になることは、父親になっていなければできない。
そうでなければ扱い方が分からず、および腰になっていただろう。
今回も脚本を読むときから演技をする時まで、
アビゲイルのことを自分の実の子供の一人として見ていた。
現実世界で同じ境遇にいるということは、とても助けになるんだ。

-アーノルド・シュワルツェネッガー

 

 

 

maggie1MAGGIE_s2MAGGIE_s3MAGGIE_s4

© 2014 Maggie Holdings, LLC.All Rights Reserved.

 

■リリース情報
「マギー」
2016年9月2日発売 ※同時DVDレンタル開始
MAGGIE_Bluray_H1_jacket
●ブルーレイ
PCXP-50421ASIN: B01FH8GMVA ¥4,700+税
●DVD
PCBP-53513ASIN: B01FH8GMNS ¥3,800+税

<特典映像(分数未定/仮題/DVD&BD共通仕様)>
・メイキング・オブ・『マギー』
・アーノルド・シュワルツェネッガー インタビュー
・ヘンリー・ホブソン監督 インタビュー
・削除シーン
・予告編集
※商品仕様は変更になる可能性があります。

 

■関連サイト

「マギー」公式サイト
http://www.maggie-movie.com

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP