MENU

News Ticker

Jazztronik野崎良太が新曲書き下ろし「桶狭間の戦い」の地・豊明市観光PR映像公開

映画「ラ・ラ・ランド」映画「ラ・ラ・ランド」

Jazztronik
ポニーキャニオンが制作を担当した「桶狭間の戦い」の地・愛知県豊明市の観光PR映像がこれほど完成し、YouTubeにて公開された。Jazztronikの野崎良太が新曲を書き下ろしたミュージックビデオテイストの映像となる。

 

戦国時代の戦いの中で最も有名な戦いと言える「桶狭間の戦い」。織田信長が戦国のスターダムにのし上がっていくきっかけになった合戦だが、その戦いの伝説地が愛知県豊明市にある。昨今の「歴史ブーム」と相まってその地を訪れる幅広い年齢層の”歴男歴女”が急増中であるらしい。そんな折に、豊明市では同地を核とし、周辺の関連史跡を網羅した観光PR映像を企画され、ポニーキャニオンにより制作された。

 

映像は、インターネットで偶然に桶狭間の戦いの古い絵図画像を見つけた女子が「行ってみよう」と思いたち豊明市を訪れ、同市の史跡を巡るという内容で、全編に同市の見どころが散りばめられている。ダイジェスト版とディレクターズ・カット版の2パターンがあり、そのBGMをジャズ・クロスオーバー界の旗手、野崎良太(Jazztronik)が新曲を書き下ろした。

 

リズムよく展開する同PR映像は、まるで新曲のミュージックビデオのような仕上がり。海外でもDJ、パフォーマーとしても人気を博する野崎良太は、そのキャリアで過去にアパレル、自動車メイカーなど数多くの企業や媒体とセッションを重ねてきたが、1曲まるまる新曲を地方自治体に書き下ろしたのは今回が初とのこと。この楽曲はリリースされず、この観光PR映像のみでしか聴くことができない。当の野崎も「ライヴで日本各地に行きますが、こういった地方活性化の取り組みに音楽で貢献出来よかった」と語っている。

 

豊明市と野崎良太のコラボレーション。歴史と音楽によるハーモナイズをPRの軸にこの据えた試みは非常に興味深い。映像をぜひチェックしてみよう。

 

 

■豊明市観光PR映像
ダイジェスト版(ショート)

ディレクターズ・カット版(ロング)

 

■関連サイト
野崎良太(Jazztronik)オフィシャルHP
http://jazztronik.com/
豊明市HP
https://www.city.toyoake.lg.jp/

 

[自治体PR 豊明市]

PONY CANYON公式ツイッターでは
の新着記事をお知らせしています!



MENU

TOP