MENU

News Ticker

「アンフェア the end」BD&DVD発売!佐藤嗣麻子監督ミニインタビューも

映画「ラ・ラ・ランド」映画「ラ・ラ・ランド」
(C)2015 関西テレビ放送/フジテレビジョン/ジャパン・ミュージックエンターテインメント/東宝/共同テレビジョン

(C)2015 関西テレビ放送/フジテレビジョン/ジャパン・ミュージックエンターテインメント/東宝/共同テレビジョン

2006年、連続ドラマとして人気を博し、以後スペシャルドラマや劇場版3作と広がりを見せた「アンフェア」シリーズが、昨年公開の劇場版「アンフェア the end」でついに完結。篠原涼子演じる雪平夏見を中心に、10年間積み重ねられた謎、登場人物たちの素性、シリーズの一貫したテーマでもある“裏切り”――やはり今作も、最後まで予測のできない結末を迎えて幕を閉じた。

 

その「アンフェア the end」がブルーレイ・DVDとなり、この3月2日リリースされた。40ページにおよぶブックレットやメイキング映像、シリーズファン必聴のオーディオコメンタリー(篠原涼子・佐藤嗣麻子監督・稲田秀樹プロデューサー)など、ブルーレイ・DVDならではの特典も豪華だ。

 

そして、公開から少し時間が経った今、ドラマシリーズより10年間、作品の脚本、劇場版の監督を務めた佐藤嗣麻子に話を訊いてみた。

 


 

──改めまして、終わっていかがですか?

シリーズが完結してうれしいです。ほっとしています(笑)。シリーズが続いている間はずっと伏線などを覚えていなければならないので、それを記憶し続けなくてはいけないことが本当に大変でした。今はもう忘れちゃってもいいので、気が楽です(笑)。苦しかった作業というほどではないけれど、忘れちゃうと大変なことになるので今は安心しています。

 

──寂しさはありましたか?

寂しい気持ちは、撮影が終わった直後にはありました。今は、無事に完結したことの安堵感のほうが強いです。舞台あいさつをしていた頃は本当に悲しかったですが、すべてをやりきったので今はもうスッキリです(笑)。

 

──また、今回のthe endは、皆いい人みたいな印象を受けました。

最終回なので、今回は温かく終わらせてみました(笑)。阿部サダヲさんの小久保もいい人に、可愛い人にあえてしました。最後はいい感じにしたかったんですよ。阿部さんは初めて拳銃を持てたって、喜んでいましたが、せっかく持ったのにマフラー絡まってしまって。そこも小久保っぽいなと思って撮り直しはしませんでした(笑)。

 

──コメンタリーの収録はいかがでしたか?

ずっとわたしは笑っていました。涼子ちゃんが真面目に応えてくれています(笑)。

10年間、プロデューサーをやっていた稲田さんも入っていて、裏話も満載で「そこまで言っていいの?」みたいなこともありました。稲田さんの暴露話が楽しいですよ(笑)。

 

──ファンに向けてメッセージをお願いいたします!

これでthe endなので、ぜひドラマシリーズの最初から徹夜で観て最後まで楽しんでください。ぶっ通しで観ると、面白さが増すと思いますので、よろしくお願いします。最後のthe endは5倍くらい面白く感じるはずです(笑)。

 

 

shimako_sato

 

 

■リリース情報
「アンフェア the end」
2016年3月2日発売 ※レンタル同時リリース
UF3_DVD_3D
●ブルーレイ スペシャル・エディション (2枚組)
PCXC-50118 ¥7,600+税
●DVD スペシャル・エディション (2枚組)
PCBC-52484 ¥5,700+税

スタンダード・エディション

●ブルーレイ スタンダード・エディション
PCXC-50119 ¥4,700+税
●DVD スタンダード・エディション
PCBC-52485 ¥3,800+税

 

■関連サイト
「アンフェア the end」公式サイト
http://unfair-the-end.jp/index.html

 

発売元:フジテレビジョン 販売元:ポニーキャニオン
(C) 2015 関西テレビ放送/フジテレビジョン/ジャパン・ミュージックエンターテインメント/東宝/共同テレビジョン

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP