MENU

News Ticker

“光”と”闇”で感じるライブ!吉田山田、全国ツアーがファイナル

yy1221_10yy1221_01

11月1日の大阪・シアターBRAVA!を皮切りにスタートした吉田山田の全国ツアー「吉田山田ツアー2015冬~光と闇~」。今年二度目に行われた全国ツアーは自身最大規模となるツアーで、全国8ヶ所を巡り、12月19日の東京・TOKYO DOME CITY HALL公演にてツアーファイナルを迎えた。

 

開演時刻が過ぎたころ、照明が暗転、日常にあふれる音がSEとして流れ出し、バンドメンバー、そして、吉田山田の二人が登場。バックライトに照らされ、吉田結威(A.Gt/Vo)と山田義孝(Vo)はそれぞれ黒と白を基調とした衣装で、ツアーのサブタイトル”光と闇”を彷彿とさせる相反するいで立ちだ。

 

「魔法のような」でライブスタート。待ちわびた会場中のファンから自然と手拍手と歓声が沸き起こる。「『吉田山田ツアー2015冬~光と闇~』ツアーファイナルへみなさんようこそ!たくさん廻ってきましたが、思い残すことのないよう歌って帰りたいと思います。”闇”という漢字には”音”という漢字が隠れています。特別な演出で音を感じながら楽しんでいただけたらと思います」(山田)。
ステージは暗転し、スポットライトに二人だけが照らされ、「ルーとナンシー」の優しいメロディで”闇”のパートへとなだれ込む。「二人で止めたあの時計台の針がもう 動き出したんだ チックタック・・・」というフレーズで終わり、曲終わりには<時計>の音が鳴り響く。そこから郷愁漂う新曲「タイムマシン」へと続く。”闇”のパートでは曲間にSEが挟み込まれ、一連の楽曲達を繋いでいく構成となっている。

 

yy1221_03yy1221_02

 

「タイムマシン」の後には<雨>のSEが流れ、「キミに会いたいな」の雨が降り注ぐ演出を際立たせる。雨音が<波>のSEへ繋がり、深海をイメージさせるブルーな照明の中「航海」を披露。日常の風景にいるかのような<鳥>のさえずりが聞こえてきたかと思うとギターのイントロから吉田山田の代表曲「日々」へと繋げる。何を隠そうこの<鳥>のSEは「日々」のモデルとなった畳屋の近くで録ったものであり、より「日々」の世界観へと引き込まれる。

 

”闇”のパートを終えたところでようやくMCに入り、今回のツアーで”光と闇”というサブタイトルをつけた理由が山田から語られた。「3、4年前くらいかな。新幹線で隣の席の盲目のおじいさんがすごく気さくに話してくれて。渋谷に行くのが好きだと言うので、人通りも多くて危なくないですか?と聞いたら、『それが好きで、鳴ってる音のひとつひとつが生きている証拠』と言われて、そのおじいさんが見ている世界を共有できたらと思ってこういう演出にしました」(山田)、「暗いと発見が多くて。目の情報量を少なくして、会場に来た人には同じ曲でも違うように感じてもらいたいです」(吉田)。

 

yy1221_08yy1221_09

 

そしてここからは、”光”のパートへと移る。
「こっから飛ばしていくので皆さんついてきてください!」(山田)と12月16日に発売となったばかりの新曲「未来」を披露。会場が総立ちになり、山田も左右を行き来しながら会場中を煽る。背中を押そうという強い気持ちが詰まった迫力のパフォーマンスに、”闇”のパートで聴くこと、感じることに徹していた会場も応える。「イッパツ」では会場中がタオルを振り回す。さらに「天使と悪魔」と続くが、アップテンポでありながらも各曲ごとのメッセージ性が色濃く表れるのが吉田山田の魅力でもある。「ツボミ」「OK」では会場と大合唱を繰り広げる。「次の曲は聴いて欲しいんですけど、半分聴いて欲しくて、半分聴いて欲しくないような、、、」(吉田)と言うのも、吉田が自身の母親への想いも込めて綴った「母のうた」を披露するからであった。実はこのツアーではこれまで披露をしていなく、この日のファイナルがバンド編成で初披露。母への想いを綴ったこの曲に会場からはすすり泣く声が聞こえてきた。

 

そしてMCでは、今年の活動を振り返る。「今年の夏には『吉田山田祭り2015』を開催させていただいて。ワッショイ盛り上がりましたね。来年は、日比谷で決まってるんですけどね」(吉田)とサラッと来年のライブを発表するというサプライズ。意表をつかれた会場であったが、一瞬に歓喜へと変わった。

 

yy1221_04yy1221_05

 

そして、会場を沸かせたまま、一気に後半戦へなだれ込む。
「YES」では会場中が拳を上げ、前回のツアーでも会場を沸かせた「フリージア」で最高潮にさせた後、「ここにいる全てのランナーに愛を!愛を!愛を込めて!ガムシャランナー!」とデビュー曲「ガムシャランナー」を全てのランナー=ファンへと捧げた。「早いもので次で最後の曲です。2015年を語る上で欠かせない映画の主題歌の書き下ろしをさせていただいて。映画がなかったら作れなかったです。監督とも話をさせていただいたんですけど、すごくシンプルなことに共感して。僕らは見てくれた人の何かを変えたいんです。虚しいことも悩むことも歌にしよう、音楽で伝えていこうって」(吉田)とニューシングルの表題曲で映画「ボクは坊さん。」の主題歌である「Today,Tonight」で本編の幕を閉じた。

 

yy1221_12

鳴り止まないアンコールに応えて、ツアーTシャツに身を包んだバンドメンバーと二人が再登場。「明日がくるよ」「ORION」「カシオペア」と残りわずかな時間を惜しむように、少しでも会場とこの時間を共有できるように噛み締めながら歌っていく。「みなさんにお伝えしたいことがあります。来年2016年、初めての47都道府県ツアーに出かけます!」との発表に会場からは大きな声援と拍手が巻き起こる。
最後に用意していたのは、ランナーとの絆の象徴でもある「約束のマーチ」。聴く人の頬をつたう涙、真剣に二人を見つめる眼差しが印象的であった。今年の集大成となるライブの中で、来年の活動を告げ、ファンにいち早く届けたいという彼ららしさが伝わって来た。

 

今年は、2枚のシングルのリリース、初の映像作品であるライブDVDのリリース、二度の全国ツアーに夏の野外ワンマンライブ。全国各地に彼らの音楽を届けてきたが、来年には大きな目標であった全国47都道府県ツアーが待っている。彼らにとって飛躍の年になることは間違いないだろう。

 

yy1221_08yy1221_11
yy1221_14yy1221_13写真:岩﨑 真子yy1221_15

 

写真:岩﨑 真子

 

 

 

■「吉田山田47都道府県ツアー~二人また旅2016~」特設サイト
http://yoshidayamada.com/47tour/index.html

 

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP