MENU

News Ticker

アーノルド・シュワルツェネッガー初のゾンビ映画「マギー」2016年2月公開

© 2014 Maggie Holdings, LLC.All Rights Reserved.

© 2014 Maggie Holdings, LLC.All Rights Reserved.

^アーノルド・シュワルツェネッガーのプロデュースにして初のゾンビ映画出演となる「マギー」が、2016年2月6日にヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開することが決定し、日本版ポスタービジュアルが公開された。

 

「アクション映画なら世界を救うことも出来るが、『マギー』では、ゾンビ化していく娘に対して、何もできない。この無償の愛を描いた作品は、新しいゾンビ映画であると同時に自分にとって、大きなチャレンジだったが、ぜひ、やってみたいと思ったんだ」と、シュワルツェネッガーが語る本作は、ゾンビ化していくウイルスが蔓延する近未来を舞台に、最愛の娘がウイルスに感染した時、父親の取るべき行動と家族愛を描いた、かつてないゾンビ映画。新境地を開拓し、父親の苦悩と悲しみが、観る者の心に響く。
娘のマギー役には、「ゾンビランド」でゾンビと戦う生存者を演じたアビゲイル・ブレスリン。脚本はジョン・スコット3世、そして監督は「ウォーキング・デッド」のメインタイトルのディレクターやアカデミー賞のクリエイティブ・ディレクターを手掛けるなど多彩な才能を持つヘンリー・ホブソンが長編初監督を務めている。

 

公開されたポスタービジュアルは、ゾンビ化していくウイルスに侵されたアビゲイル・ブレスリン演じるマギーと、守ることしかできないアーノルド・シュワルツェネッガー演じるマギーの父・ウェイドの苦悩と悲しみが込められた表情が印象的。さらに、キャッチコピーには、「娘として守るのか─。ゾンビとして殺すのか─。」という、ショッキングな内容となっている。
公開が待ち遠しい作品だ。

 

 

MAGGIE_mainMAGGIE_s2MAGGIE_s3MAGGIE_s4

© 2014 Maggie Holdings, LLC.All Rights Reserved.

 

 

■劇場公開情報
「マギー」
2016年2月6日 ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開
監督:ヘンリー・ホブソン
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー/アビゲイル・ブレスリン/ジョエリー・リチャードソン

 

© 2014 Maggie Holdings, LLC.All Rights Reserved.

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP