MENU

News Ticker

映画「Mommy/マミー」BD&DVD発売イベントに LiLiCoとsébuhirokoが登場

mam00
グザヴィエ・ドラン監督の最新作、映画「Mommy/マミー」が、この12月2日、早くもブルーレイとDVDで発売となった。同日には、そのリリースを記念したイベントが都内のポニーキャニオン本社にて開催され、”応援隊長”としてLiLiCoが、また”応援アーティスト”としてsébuhirokoが登壇した。

 

本作は、デビュー以来全作品がカンヌ国際映画祭、ベネチア国際映画祭へ出品され、早くも三大映画祭の常連監督となっている俊英、グザヴィエ・ドランの新作として注目度は高い。イベントでは、そのドラン監督の等身大パネルがステージ中央に置かれ、ゲスト二人と”スリーショット”に。”応援隊長”に就任した映画コメンテーターのLiLiCoはドラン監督を「めちゃくちゃイケメン。格好良くて、才能があって、今一番会いたい人かも」とべた褒めして、かなりお気に入りの模様だ。また、第1作から観賞しているというsébuhirokoは「若くて才能があるだけじゃなくて、深みもあり、アーティストとして面白い感性をもっていて、ちょっと特別な人」と”応援アーティスト”として深い共感を示していた。

 

映画は架空のカナダを舞台に新法の施行でゆれる発達障がい児の母親と子が描かれた作品。LiLiCoは「自分の母も刺激のある”敵”という感じで、母も私に愛をどう注ぐかわからなかったのだと思う。この映画をきっかけに家族関係を考えるようになった」と自身の過去をふり返りつつ、映画の感想をコメント。sébuhirokoは作品全体に感情移入したそうで、「人の内面をわかりやすく提示してくれて、最後にあなたは?と自分自身について考えさせられて、胸を打つ」と監督の手腕と映画の作りの良さを語った。
ブルーレイとDVDのセル版の映像特典にドラン監督のミニドキュメンタリーが収録されているが、LiLiCoは特にこれを「すごく良い」と絶賛。買ってぜひ観てほしいと念を押していた。

 

また今回、ポニーキャニオンが贈る名画特集「シネマスペシャルテ・映画美食宣言」第5弾がスタート。この「Mommy/マミー」を含め新たに6作品のランナップが発表され、豪華賞品が当たるプレゼントキャンペーンも実施される。ゲスト二人も第1弾からの名作の数々に興味津々、感心しきりの様子だった。

 

「Mommy/マミー」ブルーレイにはヘッドフォンやイヤフォンで手軽に臨場感たっぷりのサウンドを堪能できる”DTS Headphone:X”音声が収録されている。この日は、トークイベントの後に日本初という「ヘッドフォンX上映会」が行われたのだが、その前にsébuhirokoが詰めかけた観客の前で映画のサウンドトラックを弾き語りで披露。上映前のひととき、その生の歌声に一同酔いしれていた。

 

mam04mam03mam02mam05

 

 

■関連サイト
「シネマスペシャルテ・映画美食宣言」第5弾
http://v.ponycanyon.co.jp/eigabishoku/

 

■リリース情報
「Mommy/マミー」
2015年12月2日発売 ※DVDレンタル同時スタート
mommy_dvd0817
●完全数量限定豪華版【500セット限定】
PCXE.50576¥6,200+税
●ブルーレイ
PCXE.50566¥4,700+税
●DVD
PCBE.55130¥3,800+税
<収録内容・特典>

 

(C)2014 une filiale de Metafilms inc.

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP