MENU

News Ticker

生誕80周年記念!昭和の大スター・石原裕次郎の“幻のCM”がDVDで甦る

製作著作:石原プロモーション

製作著作:石原プロモーション

^石原裕次郎が1970年から亡くなるまでの17年間継続して出演していた宝酒造「松竹梅」CMを一挙に集めたDVDが、2015年12月16日に発売される。

 

このDVDには、1987年3月にハワイで撮影されたにも関わらず、裕次郎が7月に亡くなったことでいわゆるお蔵入りになってしまい、28年間石原プロモーションの倉庫で保管されていた“幻のCM”が収録される。

この“幻のCM”以外にも、お酒を豪快に飲み干す若かりし頃の裕次郎の姿はもちろん、石原プロモーションとゆかりの深い劇団民芸の宇野重吉との共演シリーズや石原まき子夫人と仲睦まじい共演シリーズなど、合わせて現存する再生可能なフィルム約130本が収められる。

今年は石原裕次郎生誕80年を数え、新たな新人俳優の発掘オーディションもスタートする中、昭和の大スターの在りし日の姿に出会える貴重なDVDとなる予定だ。

 

なお、このDVDには封入特典としてオールカラー16ページ解説書も付属する。

 

 


 

【石原プロモーションからのコメント】
今から約50年ほど前、宝酒造の大宮隆さん元会長(2007年没)と石原裕次郎は、出会った途端に意気投合し、お酒を飲み交わす仲になりました。
大宮さんは裕次郎に経営者の心構えをさりげなくアドバイスしたり、裕次郎は早くに父親を亡くしていたこともあり、20歳ほど年上の大宮さんを父のように慕っていました。
大宮さんには石原プローションが映画製作で苦労をしていた頃、たくさんの励ましの言葉やバックアップを戴き、当時多額の借金を抱えていた石原プロモーションへ資金面での協力も戴きました。
1970年頃から宝酒造「清酒松竹梅」のコマーシャルに出演をはじめ、亡くなるまで毎年撮影を行いました。
宝酒造と石原裕次郎は切っても切れない強い絆で結ばれております。
※大宮隆 「隆」は生の上に「ー」が1本入ります旧字となります。

 

【石原まき子さんのコメント】
まさか、当時の映像が残っていたことにとても驚いております。
裕次郎がまだ若く、お酒も好きなだけ飲めた時代、宝酒造さんには大変大変お世話になり、CMにも出演させて頂きました。
生誕80年の年にこのようなきっかけ(企画)で皆さまに再び裕次郎の姿を見て戴けると思いますと、とても嬉しいです。
共演CMは、昔の映像で少し恥ずかしい気持ちもしますが、とても素敵な想い出です。

 

【当時収録に携わったスタッフのコメント】
1987年3月10日、ハワイ・オアフ島のパイナップル用の倉庫のようなところに真っ赤なカーペットと真っ白なカーペットを敷いて、いわゆる紅白の大きなステージを組んで、その真ん中を裕次郎さんが黒の紋付袴で歩くシーンを撮りました。
上から特機(クレーン)を使った撮影も行うため、機材のほとんどはカリフォルニアから空輸して準備を整えました。
3月でもハワイ。とても暑くて、さらに倉庫の中で蒸し暑い。スタッフはもちろんTシャツ短パン。
ですが、裕次郎さんは黒の紋付袴。「いいなぁ~オマエらは~(笑)」と冗談を言いながらも撮影臨みました。
裕次郎さんはとても体調がよくて、実はその前にもヨットに乗って、別のCMも撮影しており、この撮影が終わった後に、徐々に具合が悪くなっていったことを覚えています。
結果、このCMは編集の後、5月に完成しフィルムは納品しましたが、裕次郎さんが7月に亡くなってしまったので、御歳暮時期や新年を迎えることなく放送されることはありませんでした。

 

 

1970_saa

1970年 さあ飲ってみよう篇

1974_fufu

1974年 夫婦共演

1976_kagaribi

1976年 かがり火篇

1978_komedawara

1978年 米俵篇

1980_gokai

1980年 豪快篇

1984_daruma

1984年 だるま篇

1987_kohaku

1987年 紅白ステージ/お歳暮篇 (幻のCM)

1987_syukuhai

1987年 祝盃篇 (幻のCM)

製作著作:石原プロモーション

 

 

■リリース情報
DVD「生誕80周年記念 石原裕次郎 松竹梅CM集」
2015年12月16日発売
PCBP-12288ASIN: B0176BU32K ¥4,000+税
<封入特典>
解説書(オールカラー16P)

 

制作協力:宝酒造
発売・販売元:ポニーキャニオン
製作著作:石原プロモーション

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP