MENU

News Ticker

Lead、ツアー最終公演で”MASTER PLAN”発動!待望ニューシングルも発表

7_IG22709
3人組ダンスボーカルユニットLeadが夏の全国ツアー「Lead LIVE TOUR『Lead Upturn 2015 〜MASTER PLAN〜』」のファイナル公演を9月5日、中野サンプラザで行った。

 

8月15日に名古屋を皮切りにスタートした恒例の夏ツアーは、全国5都市で計10公演を実施。演出に若手ダンサーshow-hey氏を迎え、約6年ぶりにDJが加わったほかプロジェクションマッピングを導入したステージングで、Leadがいま形にしたいエンターテイメントがたっぷり詰め込まれ、「Leadとして向かっていく、これからの行き先を表現していく」という強い意思表示が感じられる内容となった。

 

5_IG10685

18時半からの最終公演は、輝が手掛けたEDM色の強い「Fairy tale」からスタートした。Leadは4人のダンサーとともに、息のあったキレキレのパフォーマンスで観客を魅了。続く「Extreme girl」では谷内伸也のラップにあわせて、古屋敬多、鍵本輝がセクシーなダンスで観客を煽る。また「Still」ではメンバーと背景に映されたシルエットがシンクロして踊るという、プロジェクションマッピングを用いた演出でファンを驚かせた。ほぼノンストップでライブを進行させるLeadは、途中からDJ HIRORONをフィーチャーした楽曲を連発。ライブ中盤ではこのツアーのためだけに用意されたLeadが作詞作曲を手掛けた新曲「I DON’T GIVE A DAMM」も飛び出し、早くもピークと呼べる盛り上がりへと達した。

 

MCになると敬多は「もう最高だよ!」と観客を煽る。また新曲「I DON’T GIVE A DAMM」については、伸也が「サウンド的にはブリブリなんだけど、一体感はハンパないね!」と嬉しそうに話し、毎年夏のツアー中に誕生日を迎える輝は「毎年みなさんからおめでとうと声をかけてもらえるのが嬉しい」と笑顔で語った。さらに、この夏原宿駅前にオープンしたLeadプロデュースのカフェ「Leadcafe」についても、「ファンの集いの場になれば」と思いを明かした。

 

6_IG10769

ライブ中盤では伸也作曲の「Change myself」と輝作曲の「Until…」という同じコード進行の2曲をマッシュアップしたナンバーで会場を沸かせ、輝の「狩りに行こうか」を合図に「Hungry Sniper」ではステージ上が檻のように変化し、怪しげなダンスで観客を魅了する。続く「strings」では真っ白な衣装に着替えた伸也のラップが大々的にフィーチャーされ、曲の途中から傘をさした敬多と輝が、プロジェクションマッピングとリンクした「雨のように降ってきた歌詞を傘が弾く」演出で観るものを驚かせた。

 

「My One」や「茜色染まるころに」といったバラードで会場を叙情的な空気で包み込んだ後は、ストリートファッションに身を包んだ3人がライブ終盤に向けて客席を再加熱させる。「バージンブルー」「想い出ブレイカー」ではメンバーと観客が一体となってダンスし、エレクトロ調の「Can’t Stop Loving You」「Speechless」で最高潮の盛り上がりをみせライブ本編は幕を下ろした。

 

3_IG19913

アンコールはソウルクラシックを彷彿とさせる「Night Deluxe」からスタート。客席頭上ではミラーボールがまばゆい光を放ちながら回転し、中野サンプラザをダンスホールへと一変させた。そして「ここまで来ちゃいましたね」「ツアーが終わるの、イヤだね」「まあ何かが終わるってことは、新しい何かが始まるってことですからね」とツアーが終わるのを惜しむ3人。伸也は「各地すごい盛り上がりを見せてくれた。次につながるツアーになったと思う」、輝は「僕らの“基本計画”(=MASTER PLAN)って思いを込めて、ここを皮切りに始める。これを遂行するには、みなさんの力が必要。どんどんまっすぐ進んでいくので、ついてきてください」、敬多が「27年間生きてきたけど、自分は安心できる場所を探しているのかな。みんなにとっての安心できる場所がLeadであってほしい。そして『Upturn』って言葉を掲げて、日々進んでいきます」とそれぞれ思いを口にし、その思いを象徴するようなナンバー「It’s My Style」でツアーファイナルを締めくくった。

 

客席からのアンコールを求める声が鳴り止まない中、スクリーンに映されたエンドロールが終わると、「2015 Winter New Single Release」とのサプライズ発表があり、会場は歓喜に包まれた。今回の夏ツアーを皮切りに、Leadの新たな「MASTER PLAN」は発動した。冬に控えた約9ヶ月ぶりとなる待望のニューシングル、そして2017年のデビュー15周年を目前にした彼らがどのような活躍を見せてくれるのか、今から楽しみでならない。

 

1_IG19887

 

◎完全版ライブレポートとアフターインタビューは、Leadオフィシャルウェブサイトで掲載中。
http://lead.tv/special/2748/

 

(TEXT by 西廣智一)

 

 

■関連サイト
Lead オフィシャルサイト
http://lead.tv
Lead オフィシャルTiwtter
https://twitter.com/Lead_tv
Lead オフィシャルYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/LeadOfficialCh

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP