MENU

News Ticker

WOWOWドラマ作品が10月より3ヶ月連続BD&DVDリリース

akuka
syokuzai

garasu

この秋から冬にかけて、WOWOWで人気の「連続ドラマW」3作品が3ヶ月連続でブルーレイとDVDでリリースされる。2015年10月2日に「悪貨」、11月4日に「硝子の葦~garasu no ashi~」、12月2日に「贖罪の奏鳴曲(ソナタ)」がポニーキャニオンより発売が決定した。

 

「連続ドラマW 悪貨」は、及川光博と黒木メイサのW主演キャストによる、人間の欲望が渦巻く戦慄の金融サスペンス。
あまりにも精巧なニセ札がばらまかれたことを発端に、若き大富豪、美しい潜入捜査官、ニセ札鑑定のスペシャリスト、謎のコミュニティ代表ら、それぞれ思惑と欲望が渦巻いていく中、カネに支配される人間たちの姿から人間の本質が浮かび上がる内容だ。島田雅彦の小説を「連続ドラマW 地の塩」の権野元が監督、「ファースト・クラス」の渡辺千穂が脚本を務め、ドラマ化した。

 

「連続ドラマW 硝子の葦~garasu no ashi~」は、直木賞作家・桜木紫乃のミステリー小説『硝子の葦』をドラマ化した衝撃の新・官能派ミステリー。直木賞受賞作『ホテルローヤル』など話題作を続々と生み出す桜木原作作品の初の映像化で、エロスに対し独自の視点から綴られるその作風によって、女性の業と情念から生まれる犯罪が性愛シーンを絡めながら巧みに描かれる。物語の中心となるのは桜木の実家が過去に経営していた釧路のラブホテルを思わせる「ホテルローヤル」だ。
本作では映画「しあわせのパン」「繕い裁つ人」で高い評価を受ける三島有紀子監督が新境地に挑んだ。脚本は「恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~」の永田優子。女性クリエーター陣による桜木の世界観の具現化だ。
そして、主演は相武紗季。官能的なシーンにもひるむことなく臨み、女優としてのこれまでのイメージを覆した新たな挑戦に注目が集まる。

 

「連続ドラマW 贖罪の奏鳴曲」は、『さよならドビュッシー』で「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した小説家・中山七里の小説を初めて連続ドラマ化した法廷ミステリー。監督は「EUREKA ユリイカ」で第53回カンヌ国際映画祭の国際批評家連盟賞とエキュメニック賞をW受賞、「東京公園」「共喰い」で立て続けにロカルノ国際映画祭での受賞を果たすなど、国際的に活躍する映画監督・青山真治だ。
主演は「連続ドラマW 震える牛」の熱演も記憶に新しい三上博史。また、役者としても異彩を放つリリー・フランキーや実力派若手俳優の染谷将太らも出演し、”贖罪”の意味を問う。

 

どれもブルーレイ・DVDでじっくりと観るにふさわしい作品。リリースが今から楽しみだ。

 

 

■リリース情報
「連続ドラマW 悪貨」
2015年10月2日発売 ※レンタル同時リリース
●ブルーレイ
PCXP-60047¥11,750円+税
●DVD
PCBP-62168¥9,500円+税
<特典映像>
未定

 

「連続ドラマW 硝子の葦~garasu no ashi~」
2015年11月4日発売 ※レンタル同時リリース
●ブルーレイ
PCXP-60048¥9,400円+税
●DVD
PCBP-62174¥7,600円+税
<特典映像>
未定

 

「連続ドラマW 贖罪の奏鳴曲」
2015年12月2日発売 ※レンタル同時リリース
●ブルーレイ
PCXP-60049¥9,400円+税
●DVD
PCBP-62175¥7,600円+税
<特典映像>
未定

 

発売元・販売元:株式会社ポニーキャニオン
(C) 2015 WOWOW INC.

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP