MENU

News Ticker

劇場版「進撃の巨人」後編 公開記念 梶裕貴(エレン役)×神谷浩史(リヴァイ役)SP対談

kaji

梶裕貴

kamiya

神谷浩史

^劇場版「進撃の巨人」後編~自由の翼~ 公開を記念したスペシャル対談が実現。エレン・イェーガー役の梶裕貴とリヴァイ役の神谷浩史が語りあった。
現在の心境、映画の見どころ、それぞれの役柄など、とても興味深い内容だ。ぜひ最後までお読みいただきたい。

 


 

人類初の勝利で終わった前編 勝利を得た代償で始まる後編

 

――劇場版後編の公開に目前に迫ってきた今、キャストの皆さんはどのようなお気持ちでいらっしゃるものなんでしょうか?

 

梶 我々としては、こういった取材を受けたり、舞台挨拶のスケジュールなどを伺ったりすると、いよいよ作品が皆さんの元に届く時が近づいているんだなということを実感します。実際にやったことといえば、新規カットや新編集部分のアフレコですかね。
神谷 リヴァイは、なかったからなあ。
梶 そうなんですね。僕はいくつか追加があったうちのひとつにクライマックスのシーンもあって。非常に難しい作業だったというのを覚えています。

 

――どんなふうに難しかった?

 

梶 この後編のクライマックスにあたる、エレン巨人と女型の巨人の戦闘が本格的に始まっていく中で、エレンのモノローグがあるのですが、そこはもう自分の中でもエレンの中でも、かなり複雑な想思いが高まっているシーンだったんですね。TVシリーズであれば、そこに向けての心情を、同じ日に流れの中で積み上げていけたので気持ちをもっていきやすかったですけど、今回はそのシーンのみを切り取っての収録だったので、
スタートと同時に自分のテンションをピークにまで持ち上げておかなければならない、というテクニカルな作業がとても難しかったです。

 

――リヴァイは新規の収録がなかったというお話でしたが、完成を待つ間はどのシーンが使われているのか気になるものですか?

 

神谷 もちろん、それはそうですね。「あんなに一生懸命やったのに!」と言いたくなるような、そういうシーンばかりなので。
でも、作品を構成する上で全シーンから取捨選択をされたと思うので、それに関しては全員が納得するものになっているはずだから、取り立てて「このシーンがなくて残念!」とか、おそらくないと思います。
梶 監督ご自身がTVシリーズも作られて、劇場版も再編集されているわけですから、ただただその感覚を信じて僕たちはついていくだけなのかなと。
神谷 完成する前に取材を受けないといけないときがあって、それにあたって新規カットのコンテやそれに対する監督の思いが手書きで書かれた紙をコピーで渡されて、そういう貴重な資料もいただいたりしているので監督の思いはわかっているから、さっきの話につながっていくわけです。

 

――では、後編の見どころについてお話をしていただければと思います。

 

梶 後編はリヴァイをはじめとする調査兵団という組織にエレンが属して、そこでの戦いがメインになっていくお話です。
神谷 エレンが人類を初の勝利に導くところで前編が終わって、後編は「勝利を得た代償」みたいな話からスタートするので、前後編でよく分けられているし、「進撃の巨人」はよくできた作品だなと改めて思いました。後編はリヴァイが活躍するシーンが前編に比べて大幅に増えています。
巨人と戦う準備をしていた前編に対して、後編は戦いの準備ができて、いよいよ壁外に出ていく。急に世界が広がったような印象がありますね。
梶 個人的には、リヴァイ班の面々との何気ないシーンから凄惨な最期まで、そのどれもが印象に残っているシーンです。
先日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに取材に行かせていたんですが…「進撃の巨人・ザ・リアル」というアトラクションで、リヴァイ班の面々が殺されてしまった瞬間がクロノイドになって展示されていたんですね。「死」というものは、あくまで想像の中でお芝居して、どれだけ生々しく表現して実感していただけるかが大事だと思うのですが、今回、精巧に作られたクロノイドによって表現されたキャラクターたちの死に様を見て、より悲しかったですし、「死」というものの怖さを非常に強く感じました。改めて劇場版の後編を見て、彼らの存在はより大きくなるんじゃないかと思います。
神谷 「死」というものに対して、例えば「ここで2、3人やられているので、悲鳴をお願いします」と言われることが、我々の仕事の中ではわりとよくあります。
でも、そうやって一瞬でやられていく人たちにだって、それぞれの人生があるわけじゃないですか。その様を記号として表現することに違和感を覚えるようになったのは「進撃の巨人」をやるようになってからですね。この作品はひとりひとりにスポットを当てているし、エレンという主人公を通じることによって、生きるということに執着している人たちの強い感情が自然に流れ込んでくる。ちょっと異質な作品なんだろうなと思います。

 

スタジオの空気の中でこそ キャラクターが生きてくる

 

――リヴァイの活躍シーンが大幅に増えるという後編ですが、梶さんとしてはリヴァイにどんな印象がありますか?

 

梶 圧倒的ですね(笑)。エレン役として色々な表舞台に立たせていただくときも、リヴァイの激しい人気を感じますし(笑)。みんなリヴァイ大好きなんだな、って。
神谷 不思議だよねえ(笑)。
梶 まあ、それはさておき、やはり強さや存在感は圧倒的だと思います。原作を読んでいるときもそうですし、お芝居をしていてもそうでしたけど、審議場でのシーンは恐怖すら感じました。別に悪意はないんでしょうけど、それが逆に怖いという印象を受けたので、何をしても勝てない存在だと思います。

 

――その圧倒的な存在感は、神谷さんのお芝居からも感じましたか?

 

神谷 言いづらいよね(笑)。
梶 いや圧倒的です(笑)。僕個人的には、神谷さんがリヴァイのような役を演じられているのはあまり見たことがなかったのですが、最初に「リヴァイ役は神谷さんです」と聞いたときに、不思議とすんなりと受け入れられたのは……何ででしょうね? リヴァイ的なものを感じるからですかね?(笑)。それはわからないですが、勢いやパワーで押すのではない「柔の強さ」みたいなものをお芝居からも感じましたし、神谷さんご自身の印象もそれに近いものがあります。

 

――「リヴァイは怖い」と言った後に「神谷さんにリヴァイ的なところがあるのかも?」と言うのも申し訳ないような……(笑)

 

梶 いやいや、また違った側面の話ですよ(笑)。でも、僕が言うのもなんですが、みんなどこかしらキャラクターに近い部分はありますよね?
神谷 まあ、リヴァイの神経質なところは僕も理解できるんですよ。僕もそういうタイプの人間だから。ただ、それ以外のところで共感を得られるかと言われれば、かなり難しいですね。
リヴァイを演じるにあたって何がいちばん重要かというと、あのスタジオの空気ですよね。みんながスタジオにいて、マイクがあって、モニターがあって、荒木(哲郎)監督、三間(雅文)音響監督がいて、それぞれが思い描いている音を持ち寄って、それを監督に聴いていただいた上で三間さんが調整していくという、この作業がなかったら絶対にできないです。だから最近、別の形に姿を変えて「進撃の巨人」のキャラクターたちが活躍することがあるのですが、これが非常に大変なんですよ。
梶 本当に大変です(笑)。
神谷 アニメーションだと段階を経てやらせてくれるので、大変ではあるけど達成感はあって。それをひとりで「じゃあ、どうぞ」と言われると、どうしよう?となりますね。
やっぱり「進撃の巨人」はスタッフがひとりでも欠けたらできない作品だろうなという思いが強いです。

 

――つまり、「エレンの声やって」「リヴァイの声やって」と簡単に振られて、それでできるというものではない?

 

神谷 できなくはないのかもしれないけど、本質的なところでは、もしかしたら違うかなとは思ってしまいます。
梶 エレンの声がどうとかって、そういう細かいことは特に考えていない作品かもしれません。
神谷 「この場面の、この気持ちを音にしろ」と言われるから、自然とわいてくるものなのかなという気はしますね。
梶 エレンは常に何かに怒りをぶつけていないとできないというか(笑)。楽しそうな声をやってくれと言われても、どう言ったらいいのかわからなくて。
神谷 これが完結した作品であれば自分の中でキャラクターを消化できて、違和感もなくなってくると思うんですけど、我々はまだ渦中にいるから、どうしても「エレンやってください」「リヴァイやってください」と言われたときに「この時間軸のどこなんだ?」と思ってしまうんですよ。
平和な世界なのか、巨人が今いる世界なのか。壁の中なのか外なのかって、そういうシチュエーションをぼんやりさせながら、とりあえずやるしかないのですが、僕も梶君も性格がそこまで器用じゃない。そういう人なんです、僕らは。切り離して考えられなくなっちゃう。
梶 割りきれない…というか「だって、エレンってこうじゃん」と思ってしまう。
神谷 急にできなくなっちゃうんだよね。それはわかる。難儀だなあと思う。

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP