MENU

News Ticker

アンドリュー・ニコル×イーサン・ホーク「ドローン・オブ・ウォー」今秋公開決定

©2014 CLEAR SKIES NEVADA,LLC ALL RIGHTS RESERVED.

©2014 CLEAR SKIES NEVADA,LLC ALL RIGHTS RESERVED.

^アンドリュー・二コルが監督、イーサン・ホークが主演した、無人戦闘機ドローンの恐るべき実態と対テロ戦争の知られざる真実を暴く問題作「ドローン・オブ・ウォー」(原題:GOOD KILL)が、今秋より全国劇場公開されることが決定した。

 

2001年の9.11同時多発テロ以降、米国は無人機ドローンを対テロ戦争における画期的な兵器として重宝してきた。本作は、遠隔操作で空爆を行う現代戦争の恐ろしい実態と、アメリカ国内の“戦地”と“家庭”を行き来するドローン操縦士の異常な日常をリアルに映し出す。
監督はアンドリュー・二コル。「ガタカ」「TIME/タイム」「ロード・オブ・ウォー」などで知られる異才の監督が、またも新たな問題作を世に放った。PTSDに苦しむ主人公を演じるのは、「ガタカ」でニコル監督とタッグを組んだイーサン・ホーク。「6才のボクが、大人になるまで。」などでアカデミー賞助演男優賞にノミネートされた人気俳優でもある彼が、職務上の使命感と複雑な現実の狭間で引き裂かれていく主人公の魂の彷徨を生々しく体現した。ミサイルの誘導を担当する副操縦士スアレスを演じるのは、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」で鮮烈なインパクトを残した新進女優ゾーイ・クラヴィッツ。さらにJ・J・エイブラムス版「スター・トレック」シリーズのパイク提督役などで知られるブルース・グリーンウッド、TVシリーズ「MAD MEN マッドメン」や「アンノウン」のジャニュアリー・ジョーンズが脇を固めている。

 

敵に何の気配も察知されることなく一瞬にして爆撃を遂行する“空の殺人兵器”を全面的にフィーチャーし、ひとりのドローン操縦士の日常に焦点を絞り、まさに”現在”の戦争映画を完成させた。

今秋の公開が待ち遠しい。

 

 

©2014 CLEAR SKIES NEVADA,LLC ALL RIGHTS RESERVED.

©2014 CLEAR SKIES NEVADA,LLC ALL RIGHTS RESERVED.

■映画「ドローン・オブ・ウォー」公式サイト
http://www.drone-of-war.com

 

■劇場公開情報
「ドローン・オブ・ウォー」

今秋 TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー
drone_of_war2

提供:ブロードメディア・スタジオ/ポニーキャニオン
配給:ブロードメディア・スタジオ

©2014 CLEAR SKIES NEVADA,LLC ALL RIGHTS RESERVED.

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP