MENU

News Ticker

三島有紀子監督・中谷美紀主演 映画「繕い裁つ人」BD&DVDが9月リリース

(c)2015池辺葵/講談社・「繕い裁つ人」製作委員会

(c)2015池辺葵/講談社・「繕い裁つ人」製作委員会

^独特の映像美が高く評価される気鋭の監督・三島有紀子がメガホンを取り、日本を代表する女優・中谷美紀が主演した映画「繕い裁つ人」のブルーレイとDVDが2015年9月2日に発売されることが決まった。

 

「繕い裁つ人」は、『しあわせのパン』や『ぶどうのなみだ』で食と人をテーマにしてきた三島有紀子監督が「着ることと生きることの切っても切れない関係」を、温かさの中にも厳しさと切なさを込めた眼差しで描いた作品。人の心を動かす一着を生み出す”仕立屋”の映画を作りたいと願ってきた監督が、池辺葵の大人気コミック「繕い裁つ人」と運命的に出逢い、「衣」というテーマと仕事に生きる女性のスピリットが融合した実写映画を実現させた。公開後、当初30館のスタートから興収約2億円を達成するロングランヒットとなった話題作だ。
主演は、「嫌われ松子の一生」で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞をはじめ数々の賞に輝き、多くの映画作品で高い演技力を絶賛されている中谷美紀。共演には、三浦貴大、片桐はいり、黒木華、杉咲花をはじめ、中尾ミエ、伊武雅刀、余貴美子らのベテランまで豪華な顔ぶれが並んだ。
撮影は「慣れ親しんだ神戸で撮影したい」という三島監督のたっての希望で、神戸を中心に関西でオールロケ。歴史的建造物の旧平賀邸や異国情緒漂うエレガントな街並みが、スクリーンを彩る美しい洋服を引き立てている。

ブルーレイ・DVD化が正に待たれていた作品だ。

 

そのブルーレイとDVDの発売に先駆け、主演の中谷美紀と三島有紀子監督よりコメントが到着している。

 

【中谷美紀 コメント】

友人知人には、物作りに生涯を捧げている方が何人もおり、気まぐれで移り気な私には、そうした方々の揺るがぬ姿勢やものを慈しみ、大切に扱う暮らしぶりがとても崇高なものに思えます。
その一方で、素晴らしい作品を作ることには長けていても、それをこの世に広めることには尻込みしてしまう、慎ましい職人気質にもどかしさを感じたりもしていました。
とりわけ市江のように丁寧に、頑固に、洋服を作っている友人へ長年抱いていた思いを、この作品のなかで藤井が代弁してくれていたので、仕事というよりは、好きなことを思う存分させていただいたというような感覚です。

 

【三島有紀子監督 コメント】

8年前に、〝その人のためだけに作られるオーダーメイドというものを深く見つめた仕立て屋の映画〟を作りたいと思い、企画書を書いて一人でいくつもの映画会社をまわっていました。
そして、最初にできた戦友が中谷美紀さんでした。それから、スタッフ、キャストとひとりひとり戦友が増えていき、たくさんの仲間とともに作品を作り上げることができて、こうしてみなさまに見ていただけていること、奇跡だと思いますし、みなさまと共有できていることに心から感謝しています。ありがとうございます。
「今生きているお客さまには、今生きている私にしか、作れないんですもの」市江の台詞で、一番好きな台詞です。
もしこの映画が、市江の仕立てる服のように、みなさまの〝大切なひとつ〟となって一生寄り添っていけたら、それはこの上ないしあわせです。

 

 

tsukuroi_sub1tsukuroi_sub2
tsukuroi_sub3tsukuroi_sub4
tsukuroi_sub5tsukuroi_sub6

(c)2015池辺葵/講談社・「繕い裁つ人」製作委員会

 

■リリース情報
「繕い裁つ人」
2015年9月2日発売
tukuroi_BDsell2
●ブルーレイ
PCXP.50324ASIN: B00YRDAGQ4 ¥5,500+税
●DVD
PCBP.53388ASIN: B00YR98PDY ¥4,700+税
<特典映像>

・メイキング映像 ・イベント集 ・番宣ミニ番組「ロケ地を巡る」ほか

 

(c)2015池辺葵/講談社・「繕い裁つ人」製作委員会

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP