MENU

News Ticker

不可思議/wonderboyのドキュメンタリー映画上映会が学生の手で開催

image

5月27日、都内の青山学院大学アスタジオ多目的ホールにて、ミュージックドキュメンタリー映画「Living Behavior 不可思議/wonderboy人生の記録」の上映会が開催された。

 

これは、学生を対象に青山学院大学 福田ゼミ映画上映会hukuzemi.cinemaが主催した特別上映会で、2月に渋谷WWWで行われた同映画のプレミア上映イベントに来場した学生が、映画の製作委員会に直接打診し実現したものだ。
上映会には約100名の学生が来場。映画上映の前には、同映画のプロデューサーである草彅洋平によるプレトークが行われ、映画の製作に至った経緯などが語られた。
今作は「不可思議/wonderboyというアーティストだからこそ協力したいという人たちが集まって完成した作品」とのことで、製作に加え、ファンが自発的に興行/配給を行う”配給・興行者募集型”という特殊な上映方法に関しても「不可思議/wonderboyはアーティストなので、ライブに不可思議/wonderboyを呼ぶような感覚で上映会を実施したいと考えたため」と映画、そして不可思議/wonderboy本人への想いを覗かせた。特に今回のように学生が自主的に上映会を開催したことがとにかく嬉しかったとのことで、「ぜひ今日これから映画を観るみなさんも、できるだけ多くのことを持ち帰って欲しい」と来場した学生に向けての想いも述べた。

 

その後映画本編が上映され、上映後にはミス青学2014グランプリでモデルの安倍萌生(あべめぐみ)と、主催学生によるトークショーも行われた。トークショーでは、”生きること”、”死ぬこと”、”不可思議/wonderboyという人”について学生ならではの視点でのトークが繰り広げられたが、安倍は「映画を観て、とにかく不可思議/wonderboyさんがキラキラしていたのが印象的でした。(彼の「火の鳥」の)歌詞にも”死ぬ気でやれば生は輝く”とあるが、自分も先のことを考えて悩むのではなく、今この瞬間をもっと一生懸命に生きなきゃと強く感じた。」と語った。主催した学生も「社会に出る前の学生に対し、生きること・生活することの違いから、改めて生きるということについて、真剣に考えてもらう機会となった上映会になった」と手応えを感じている様子だった。

 

急逝から約4年が経ちながらも、今なお若者を中心に多くの人の心を揺さぶる不可思議/wonderboy。
彼の足跡を追った同映画のDVDが6月24日に発売される。
DVDの特典映像には、2月に渋谷WWWで行われたプレミア上映イベントの模様に加え、生前の不可思議/wonderboyのライブ映像と今作のためにあらためて再編集された代表曲「Pellicule」のミュージックビデオ「『Pellicule』MusicVideo
“Living Behavior” special version」も収録されることが発表されている。

残念ながら各地の上映会に参加できなかった方も、映画を鑑賞した方も、ぜひDVDもチェックしていただきたい。

 

imageimageimageimage

 

 

■リリース情報
DVD「Living Behavior 不可思議/wonderboy 人生の記録」
2015年6月24日発売

image
PCBP.53110 ¥3,800+税
〈封入特典〉
16Pブックレット
〈特典映像〉
━『プレミア上映会』
・舞台挨拶
・観音クリエイション「流星群 feat.ぬくみりゑ」
・狐火「27才のリアル」「マイハツルア」「Answer Pellicule」
・GOMESS「伝説feat. daoko」「し」「人間失格」「Freestyle」
━『不可思議/wonderboy Live』「暗闇が欲しい」「生きる」@新宿MARZ
━『Pellicule』Music Video “Living Behavior” special version

 

■映画『Living Behavior 不可思議/wonderboy 人生の記録』予告編

 

■関連サイト
「Living Behavior 不可思議/wonderboy 人生の記録」公式サイト
http://www.lowhighwho.com/lb/
公式Facebookページ
https://www.facebook.com/LivingBehavior
公式Twitte
https://twitter.com/Living_Behavior

 

©2015「Living Behavior 不可思議/wonderboy 人生の記録」製作委員会

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP