MENU

News Ticker

奥華子、動画再生1500万回超えの珠玉の名曲を10年の時を経てついにシングル化

okuhanako-kimiga_main

来たる7月27日にメジャーデビュー10周年を迎える奥華子が、その直前の7月22日に10周年記念シングル「楔 ‐くさび」を発売することがわかった。

 

「楔 ‐くさび」は、動画サイトにて再生回数が累計1500万回を超える知る人ぞ知る名曲。奥華子がインディーズ時代に手掛けた、ピアノ弾き語りで歌う胸が苦しくなるほどの切ない失恋ソングだ。声だけで泣ける「失恋ソングの女王」と呼ばれることとなった奥華子の原点であり、彼女の10年を支えてきた同曲は、インディーズ時代のCDに収録されていた1曲。特にこれといった宣伝などのスポットライトが当たることのなかった同曲は、切ない、泣ける曲として人から人へ伝わり、口コミのみで広がり、歌詞サイトでは27万回以上の閲覧数で殿堂入りを果たし、動画サイトでの再生回数はいつしか累計1500万回を超えるほど話題の楽曲となっていた。

そんな珠玉の名曲が、ついに”10周年記念シングル”として発売される。これまでシンプルなピアノの弾き語りで歌われてきた「楔 ‐くさび‐」だが、今回のシングルではストリングスセクションが加わり、10年の時を経て、より切なさを倍増させる壮大なストリングスアレンジで生まれ変わる。カップリング曲はまだ発表されていないが、10周年記念シングルと銘打たれたニューシングルには奥華子を象徴する楽曲が収録されるのだろう。7月の発売を心待ちにしたい。

10周年記念シングルを発売するにあたり、奥華子は「路上ライブ時代、デビューしてからも10年間、ずっと影で支えてくれていた大切な曲を改めてシングルとして発表出来ることがとても嬉しいです。自分にとって失恋ソングの一番根本になっている曲です。恋愛の切なさや儚さ、人の気持ちを繋ぎとめられるものはあるのだろうか、そんな思いで作ったこの曲がたくさんの人に届いたらいいなと思っています。」とコメントを寄せた。

 

そんな奥華子は、10周年記念イヤーとなるこの2015年に7月11日の大阪を皮切りに、全国39箇所を廻る大規模なコンサートツアー ”10th Anniversary Concert Tour 2015”を敢行する。7月11日には大阪市中央公会堂にて、アコースティックバンドとストリングスカルテットを加えたスペシャル編成での記念ライブを、続く7月18日からは奥華子の代名詞とも言えるたったひとりの「弾き語り」で全国を廻る。そして、12月23日の東京・昭和女子大学人見記念講堂にて、バンドとストリングスカルテットを加えたスペシャルコンサートで10周年記念コンサートを締めくくる。
奥華子の10年を詰め込んだ内容で贈るこの”10th Anniversary Concert Tour 2015”、ぜひ一度足を運んでみてほしい。奥華子の切なくも温かい世界を体感すると、この10年でなぜ声だけで泣ける「失恋ソングの女王」と呼ばれるようになったのか、その理由がわかるだろう。

 

 

■リリース情報
2015年7月22日発売
10周年記念シングル「楔 ‐くさび‐」
PCCA.70441ASIN: B00WJDVRQ2 ¥1,000+税

 

■ツアー情報

●奥華子 10th Anniversary Special Concert 2015夏 in 大阪市中央公会堂
<アコースティックバンド+弦カルバージョン>

●奥華子 10th Anniversary Special Concert 2015冬 in 昭和女子大学人見記念講堂
<バンド+弦カルバージョン>

●華子 10th Anniversary Concert Tour 2015 ~弾き語り~

 

■関連サイト
オフィシャルサイト:http://www.okuhanako.com
オフィシャルブログ:http://ameblo.jp/kokoroletter/
奥華子公式Twitter:https://twitter.com/okuhanako

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP