MENU

News Ticker

大竹浩一・斎藤工・波岡一喜・福士誠治、演劇UNIT“乱-run-”の舞台がDVD化

©2015 アタリ・パフォーマンス/WOWOW

©2015 アタリ・パフォーマンス/WOWOW

^大竹浩一、斎藤工、波岡一喜、福士誠治の4人による演劇ユニット“乱-run-”の約5年ぶりとなる舞台「365000の空に浮かぶ月」が、ファンの要望によりDVD化され、2015年6月3日に発売されることがわかった。

 

演劇UNIT“乱-run-”は、それぞれ役者として活躍する大竹浩一、斎藤工、波岡一喜、福士誠治の4人が、「自分たちで何かを仕掛けない限り4人の共演は実現しない」と 2008年に結成された。翌2009年には第1回公演「ラストネーム」を上演し、そして2014年の年末、約5年ぶりの新作舞台公演を開催した。
「365000の空に浮かぶ月」は、劇団K助・金沢知樹の書き下ろし作品。平安時代の京都、明治時代の横浜、昭和の終戦直後の長崎、そして現在の東京近郊という4つの時代を舞台に物語が展開され、大竹、斎藤、波岡、福士の4人が、4つの時代で違う人物を演じる。
実はこの物語、親子や兄弟、そして人生で出会う人々の悲しみ、願い、希望…あらゆる想いが重なり、形を変え、1000年の時を経て語り継がれてきたものだ。物語の「つづき」を知ることで受け取る“人々の想い”。その先に見える愛とは…。

 

チケットが即完売で観覧困難だったこのレア公演がついに待望のDVDに。特典映像として、舞台裏メイキングやキャストインタビューなども予定されている。ファンには応えられない一枚となるのは確実だ。

 

■リリース情報
演劇UNIT 乱-run- 『365000の空に浮かぶ月』
2015年6月3日発売
●DVD
RAN_jacket_hyou1
PCBE-54696 \5,800円+税

 

発売元: WOWOW
販売元:ポニーキャニオン
©2015 アタリ・パフォーマンス/WOWOW

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP