MENU

News Ticker

一人を救うため、世界10カ国の登山家が集結した感動の救出ドキュメンタリーがDVD化

alps

登山者の5人に2人が命を落としている、世界で最も危険な山”キラー・マウンテン”アンナプルナへ、一人の男を救うために命の危険をかえりみず集結した世界10カ国の登山家たち。彼らのその後を追った感動のドキュメンタリーDVD「アンナプルナ南壁 7,400mの男たち」が2015年6月2日に発売される。

 

「誰かの身に何かが起きれば、ただ救うことしか考えられない。他の選択肢は存在しないんだ」──その”スピリット”が登山界のアカデミー賞を受賞した。登山界のアカデミー賞と言われる名誉であるピオレドール賞は、2009年にこの世紀の救出活動に参加した死を畏れぬ勇気ある登山家たち<ウーリー・ステック、ホリア・コリバサヌ、デニス・ウルブコ、アレクセイ・ボロトフ、ドン・ボウイ>に対して、“登山家の精神賞”を与えた。この賞は、命を賭して救出活動に従事した登山家への勇気を称えた賞であり、2006年に創設されて以降現在まで、この賞を与えられたのはこのアンナプルナ南壁の救出活動のみである。

 

アンナプルナとは、ネパール・ヒマラヤの中央に東西約50㎞にわたって連なるヒマラヤ山脈に属する山群の総称。最高峰8091mは世界第10位の標高であり、難易度は特A級で、雪崩が多い山としても知られ、“キラー・マウンテン(死の山)”とも呼ばれている。特に南壁は世界で最も危険なルートと言われ、山頂まで8000mの道程の中、標高7500m地点で7キロも続く尾根を横断しなければならない。
2008年5月、スペインのベテラン登山家が頂上に向かう途上で高山病に襲われるという危機的な状況に陥り、同行者がSOSを発した。その報を受けた世界10カ国の12人の著名な登山家たちが集結し、自らの死をも覚悟するほどの危険な場所への救出に向かう・・・。

 

“生きること”を感じる、感動のドキュメンタリー。いよいよDVDで発売だ。

 

■リリース情報
「アンナプルナ南壁 7,400mの男たち」
2015年6月2日発売 (レンタル同時スタート)
●DVD
PCBE.54826 ¥3,800+税
<特典映像>
未公開シーン他、貴重なインタビューを織り交ぜた映像を多数収録
<初回封入特典>
解説書

 

発売元:ドマ 販売元:ポニーキャニオン
©2012 Arena Comunicacion SL.

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP