MENU

News Ticker

主演 新垣結衣、主題歌 アンジェラ・アキ、原作 中田永一、監督 三木孝浩!映画「くちびるに歌を」が公開

(C) 2015 「くちびるに歌を」製作委員会 (C)2011中田永一 /小学館

(C) 2015 「くちびるに歌を」製作委員会 (C)2011中田永一 /小学館

^本屋大賞にノミネートされた中田永一のベストセラー小説「くちびるに歌を」が映画化され、この2月28日より全国公開となった。

 

映画の舞台は長崎・五島列島の中学校。東京で天才ピアニストとして活躍していたという主人公・柏木ユリ(新垣結衣)が、産休に入る音楽教師の代理として数年ぶりに故郷に戻る。しかし、なぜか冷たい態度で頑なにピアノを弾こうとはしない。嫌々合唱部の顧問となった彼女は、コンクールの出場を目指す部員に、課題曲の「手紙~拝啓 十五の君へ~」の練習のため、“15年後の自分”へ手紙を書く課題を出す。そこには、15歳の彼らが、それぞれに誰にも言えない悩みを抱え、柏木も自らの悲しい過去から弾けなくなっていたピアノ、そして生徒たちとも向き合うようになる。そして、待ちに待ったコンクール当日ある事件が起こり・・・。柏木と中五島中学合唱部による、最初で最後のステージの幕が上がる。

 

主人公・柏木ユリの演ずるのは、映画・TVドラマ・CMと大人気、初の教師役となる新垣結衣。ピアノの特訓に励み、新境地を開拓している。また合唱部の生徒達は、オーディションで抜擢され、半年に及ぶ合唱練習を積み撮影に臨んでいる。そして、監督の三木孝浩は、「僕らがいた(前・後篇)」「陽だまりの彼女」「ホットロード」「アオハライド」とヒット作を次々と世に送り出し、今回自ら原作に惚れ込み、初めてラブストーリーではない人間ドラマに挑戦し、新たな感動を創り上げた。主題歌はもちろん、小説の元にもなったアンジェラ・アキの名曲「手紙~拝啓 十五の君へ~」だ。

孤独なピアニストと離島の生徒が奏でる最高の「合唱」。“15歳”だったすべてのひとへ贈る涙の感動作。ぜひ劇場で体験してほしい。

 

■オフィシャルHP

http://kuchibiru.jp/

 

(C) 2015 「くちびるに歌を」製作委員会 (C)2011中田永一 /小学館

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP